ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しぃちゃんの喉の傷
2008年07月31日 (木) | 編集 |
実は しぃちゃんを動物シャンプーで洗っている時 大量に血が流れました。 

体重が軽かったので ふうちゃんに比べたら 洗いやすかったですが やっぱり じたばたと抵抗したので 洗っている最中はどこから 血が流れているのか わかりませんでした。

私は お尻から きっと お腹を壊して 下血しているのではと思いました。 とりあえず 早く動物病院で診てもらうしかないと 大急ぎでシャンプーしました。


ところが 動物病院に行った時に 下血ではないと判明 じゃあ どこから血が出たんだとなって よくよく調べてみると 首のところに血がでた痕、 血の塊のかさぶたを発見。 

「ああ ここからですね」となって 塗り薬をもらってきたのです。



なんで 首から血が出るんだぁ?と家に帰ってきて 見てみると・・・・

何か 先のかなりとがったもの せんまいとか針金とかで 刺されたような傷でした。

しぃちゃんの喉の傷




主人にその話をしたら 「殺されかけたんじゃないのか?」と思わず ふたりで凍り付いてしまいました。

この傷のせいで 声も出なかったのかなとも思いました。

真実は知る由もありませんが なぜ 飼猫のような子猫が 餓死寸前で そして首に刺されたような傷があったのか・・・・?

考えただけで はらわたが煮えくり返りましたが ふうちゃんの時と同じに 早く体力を回復させて 元気にさせようと思いました。

幸い とっても 人懐こくて 人間に恐怖心を持っていないのが 私達にとっては 救いで・・・。



名前は何にしようかとなって 4番目に我が家に来たので 世界のなべなんとかじゃないですが 「いち、に、さん、しぃ」で 「しぃちゃん」に命名しました。

我が家の 新しい そして 大事な大事な娘は しぃちゃんです。 皆さん よろしくです。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。