ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年おめでとう! ミイとケイとふうより
2008年01月01日 (火) | 編集 |
新年おめでとうございます!

今年もミイとケイとふうの「ぼくたちピンクレディ」をよろしくお願いします。

去年は激動の1年でした。 いろいろな事が起きて その対応に追われる1年でした。

一番の出来事は やっぱり ふうちゃんを保護し引き取り 3匹で今とっても仲良く暮らしてくれていることです。

あの当時は3匹は仲良くなれるか だめだったら他の里親さんを探さなくちゃとか 不安だらけでしたが 元パパに相談しに行って 「大丈夫だよ」と勇気をもらい あきらめずに 3匹の様子を見守り じょじょに接近させて生活させていったのが良かったと思います。

今はもう昔から一緒に生活しているような3匹で 毎日楽しく癒されて過ごしております。

今日はふうちゃんの写真とともにあの時のことを書きますね。



ふうちゃんを保護した時は がりがりに痩せていて 毛がはえているのですが それでも「ガリガリ」だとわかりました。 どんなに栄養状態が悪く 飢餓に近かったかがわかります。

ふうちゃんは飼い猫でした。保護した時はわからなくて 家に入れてからその行動から 「飼い猫だったんだ」とわかり 本当に衝撃を受けたものです。 「どうしてこの子はあんなひどいところにいたんだろう?」と。 (居た場所はこの町の総合清掃センターのプラスチック捨て場でした。プラ容器が捨てられているところでプラ容器についている汁などをなめて生きていたと思われます。それ以外の食べるものは一切ありません。)

あまりの汚さにお風呂に入れましたが、ミイとケイさえもシャンプーしたことが無かったのに あの時 私も必死だったと思います。 無我夢中でこの子をきれいにして 1分でも早く動物病院に連れて行って 体調や様子をみてもらおうと考えていました。

私にも主人にも「フー、シャアー」と威嚇声をあげたことはありませんでしたが 私達を見る目は悲しそうで泣きそう目つきだったことが 本当に印象的でした。 その顔を見るたびに「もう泣くようなことなんか無いんだから、ここで幸せに暮らせばいいんだから」と何度も話かけました。 

一番上の写真は家に入れると決めて 動物病院から帰ったばかりの時です。 猫エイズも白血病もなく 血液検査も腎臓だけが異常値で他は正常値、ミイとケイと一緒に暮らせるとわかった後で 名前をふうちゃんと決めた時です。

私がしなくちゃいけないことは ふうちゃんにたっぷり食べてもらって正常な体調の状態になってもらうことと ここは安心して生活できるところだと思ってもらうこと ミイとケイとうまく生活ができると思ってもらうことでした。

ふうちゃんはよく食べました。ミイとケイの2倍は食べたと思います。好き嫌いせずに猫缶もカリカリも種類を選ばずに何でも食べました。

約2週間ケージですごしましたが ミイとケイを別の部屋において ふうちゃんをケージの外に出して 部屋の雰囲気を覚えてもらったりして 1ヶ月も経たないうちに ミイとケイとケージ無しで生活するようになりました。

さすがに一緒にした当時はふうちゃんは「フー!シャアー!」とミイとケイに威嚇をしていましたが 私が仲裁に入り それもだんだん無くなっていき 今は皆無です。

ふうちゃんはミイとケイのおもちゃや その遊び方や ミイとケイの行動を観察して 今は3匹でおにごっこをしたり じゃれたり 探検したり いたづらしたり もともと兄妹だったかのように過ごしています。 ふうちゃんも一生懸命慣れよう、この家のみんなと仲良くしようと努力していたのではないかと察します。

私にも主人にもあまえんぼをして 本当にかわいい娘となりました。今思えばあの時の出会いは運命的なものだったかなと思います。 この小さな娘のおかげでどんなに大変だった去年が癒されて勇気づけられて そしてうまく乗り切れたことか、体は小さいですが(ミイとケイの半分)ふうちゃんの偉大さに感謝しています。

H200101-1.jpg
H200101-2.jpg

 
コメント
この記事へのコメント
♪★肉球おやじ★さん コメントありがとうございます!
そうですね、ふうちゃんも必死だったと思います。そのけなげさに勇気をもらっています。悲しい思いをする猫ちゃんたちがこの世からいなくなることを願っています。
2008/01/03(木) 08:34:02 | URL | mamachan #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
新年早々すごくいいお話をありがとうございます。感涙ものです。
ふうちゃんも必死だったんでしょうね。
3にゃんいつまでも仲良く元気に暮らすことを
仙台からもお祈りします。
2008/01/01(火) 15:59:21 | URL | 肉球おやじ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。