ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生活 エピソード1
2007年09月29日 (土) | 編集 |
さてさて ミイとケイ+ふうの三匹の新生活がスタートしたわけですが・・・。

●ふうちゃんにとってミイとケイは「敵」だった。

なんか悲しいサブタイトルですが 先住猫がいる場合 先住猫にとっても 新入りの猫にとっても 相手さまは 「どんなやつなんだろう、怖いなあ、お母さんはどうするんだろう」と思っていると思います。

ミイとケイは生まれてこれまで一度も 外で生活をしたことが無いので おそらくふうちゃんを 同じ仲間、同じ生き物以外と認識したことでしょう。 「この生き物はなんだ?」という感じ。

ふうちゃんは2-3ヶ月(厳密には不明)は過酷な環境下で 怖い思いをしながら 空腹に耐えながら 雨や風などをしのぎながら 生活していた期間があるので 「こんなやつらに負けてたまるか」という気持ちがあったと思います。

3匹を同時に家の中で自由にさせた当初は衝突もありました。

ミイとケイがふうちゃんの匂いをかぎたくて傍によると ふうちゃんは後ろ足で立って 両手を振り上げて ミイとケイに飛び掛ろうとしました。 その時の顔と声ったら 鬼のようでした。

ミイとケイはびっくりして遠くまで走り逃げます。 かと言ってミイとケイはやり返すということは一切ありませんでした。 恐らく どう対応していいのかわからなかったのだと思います。

ふうちゃんはミイとケイの気配を感じると反射的に「ウー、フー、シャアー」といつもうなり声を上げていました。 単に怖いからだと思います。 でも このままでは いつまで経っても 仲良くなれないと思い 私がその声を上げた時にすぐに ふうちゃんに「ダメ!ダメ!」と大声を上げて制止しました。 うなり声をやめた後すぐに やさしい声で「ミイとケイはふうちゃんに何もしないよ。 ふうちゃんがそんな声を出したら ミイとケイは仲良くできないよ。 ふうちゃん そんな声出さないで。」と言い聞かせました。

それでもなかなか直らず ある日 私がフー、シャアーとうなっているふうちゃんに同じように ウー!ギャアー!と大声を上げて ふうちゃんの顔を抑えました。 ふうちゃんも私の手に噛み付き 爪を立てて抵抗しました。 それでも私はふうちゃんがやめるまで やめませんでした。 ふうちゃんは私がいつもよりもすごい勢いで何かを言っていると悟ったのか ぴたっとうなるのをやめました。

その後すぐに抱っこして「ふうちゃん、ふうちゃん うなるのやめたね、お利口さんだね。」とやさしく声をかけ 部屋を2-3周歩きました。

こんなことが5-6回あったでしょうか、 その後はふうちゃんはミイとケイには決してうなり声をあげなくなりました。 私の日本語を理解したのだと思います。


16-H190928.jpg


ミイとケイにうなり声を上げなくなったふうちゃんですが・・・別のトラブルが・・・

次回に続く。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。