ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふうちゃんのケージ
2007年09月26日 (水) | 編集 |
今はふうちゃんとミイとケイはごく普通に暮らしています。 そう このようになったのは最近の話で そして 今どんどん 一体化していっているように思います。

動物病院の先生は新しい猫を迎える時は 新しい猫を1ヶ月間位ケージに入れて 慣れさせてそれから 様子を見ながら ケージの外に出した方がいいですと アドバイスをくださいました。

ふうちゃんも抜糸が終わり さてどうしようかと考えました。

約5畳の部屋で生活していたのに いきなり狭いケージの中で生活するのはとても忍びなかったです。 もし自分がそうなると思ったら とてもとても できないなぁと思いました。

そして 苦肉の策で ケージは狭すぎるから 大きなテーブルに周りを農家で使う「アニマルよけの網」を張って その中に猫ベッドとトイレを準備し ご飯は時間になったら差し入れるということにしました。

15-H190926.jpg


上の写真は使わなくなった時の写真なのですが ケージとして使っていた時は手前が網で後ろは壁につけていました。 つまりこの写真はひっくり返っているわけです。 わかりますかな? そしてその中にベッドとトイレを置いておりました。

網越しにふうちゃんのみの「フゥー!シャアー!」は相変わらずで ミイとケイも網の前に座りこみ ふうちゃんを一日ながめていました。

1日のうち2-3時間 ふうちゃんをケージの外に出し 部屋の探検をさせました。 その時 ミイとケイはふうちゃんと接触しないように 別の部屋に隔離しました。

これは大体1週間くらいです。


その次のステップとして ふうちゃんをケージから外に出し ミイとケイとふうちゃんを同時に同じ部屋にいるようにしました。 ミイとケイは傍によって匂いをかいでみたいらしいのですが ふうちゃんは自分の1m以内に寄られると「フー!シャアー!」の嵐、そして 後ろ足で立ち上がって ミイとケイに猫パンチをくらわせようとしました。 もちろん ミイとケイはあわてて逃げるので 猫パンチは空ぶりなんですけど・・・。

ふうちゃんもケージの外に出たがり 出すとうれしいのだと思いますが なんせミイとケイがいるので 100%安心しているわけでもなく 疲れると自分でケージに戻って 眠りこんだりしてました。

ケージはただのテーブルなので ずらすと すぐに外に出られるようになってました。

この時はもう外でご飯を食べるようにしてました。 但し夜は私も寝ちゃうし何かが起きても大変なので 必ずふうちゃんをケージにいれて寝ました。

これも大体1週間くらいです。

要約するとこんな感じ・・・

8月26日(抜糸した日)~1週間:
ふうちゃん専用ケージに入れてました。ケージの中で寝て ご飯食べて トイレという感じ。 但し ミイとケイは別室に隔離して ふうちゃんを1日のうち2-3時間はケージの外に出しました。

9月2日から1週間:
ケージはそのままにして ふうちゃんをケージの外に出し ミイとケイも別室に隔離せず 自由にしておりました。 ご飯はケージの外で。 猫ベッドとトイレはケージの中で。 ケージには自由に出入りできるようにしておきました。 但し夜はふうちゃんを必ずケージに入れました。


ミイとケイはこのケージが 「VIP専用」だと思ったようです。 自分たちも中に入りたくて入りたくて ケージの傍に座っていたようです。

ケージが開き ふうちゃんが外に出ると ミイとケイはつかさず ケージの中に入り 匂いをかいで 満足すると ケージの中で寝そべっていましたもん。

この後が本当におもしろいんですよ! ふうちゃんとミイとケイの生活の始まりなんですけど いろいろな話があるんですぅ!

では 又明日。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。