ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふうちゃんの手術から抜糸まで一週間
2007年09月25日 (火) | 編集 |
ふうちゃんを 18日の夜に3階に上げました。 北側の部屋は約5畳ほどのフローリングの部屋で 主人の寝室でした。

ドアなので ドアを開けっ放しにし 網戸をたてかけました。 ミイとケイとは網戸ごしの対面となるわけです。

明日は避妊手術だし すぐには一緒にできないし とりあえず 手術後抜糸までの間はこのような環境ですごさせることにしました。

ミイとケイはかなりびっくりしたようで 網戸ごしに 座り込み 寝そべり そこを離れないで ずっとふうちゃんを観察していました。

ふうちゃんも 網戸ごしに ミイとケイを見ておりましたが 「フー!シャアー!」威嚇しておりました。 ミイとケイは威嚇されたことがないせいか どうしていいかわからず 「おっ! 声をあげたぞ!」というように ふたりで顔を見合わせるというような感じでした。

19日昼過ぎから手術なので 18日夜8時以降は食事は食べられない為 たくさんたくさんその前に食べさせました。 ふうちゃんも たらふく食べ その夜はぐっすり眠りました。

避妊手術は無事終わり、お腹からの子供を見せてくれました。 かわいそうな事をしましたが 私はふうちゃんの健康とこれからのみんなでの生活を考えて決断だったので ふうちゃんも理解してくれると自分に言い聞かせました。

夕方には自宅に戻り 3Fの北部屋に準備したベッドに寝かせました。 手術の痕をなめないように洋服を着せられていましたが いやがりもせず 食事ももどしたりもせず 世話を焼かせない本当に良い子です。

日中は異常に暑いのでクーラーをかけながら ドアは網戸にしておりました。 風が抜けたり この家の雰囲気や ミイとケイに一日でも早く慣れてもらおうと締め切りにはしませんでした。

ご飯も良く食べるし トイレもちゃんと猫トイレでするし 1週間後の抜糸まで 栄養がまんべんなく体にいきわたり 健康体になってくれればと願っていました。

が、この家に来て3日目の21日に下痢をしました。 その後様子を見ましたが下痢がとまる気配がなかったので あわてて 翌日22日に動物病院に連れて行き 診てもらいました。

先生いわく 環境が急に変わったのと 他の猫と遭遇したので ストレスで下痢を起こした可能性が高いといわれ お薬をもらって帰ってきました。 翌日は薬のせいか 下痢も止まり 落ち着きました。

26日(日)は手術後1週間の抜糸の日でした。 傷の治りはとてもよくよく 無事に抜糸できました。 本当に良かったと 主人とビールで乾杯しました。

でも 相変わらず ふうちゃんは網戸越しにミイとケイに 「フゥー!シャアー!」の連発で これからどうしようと思案しました。 このままずっとこの状態だったらどうしよう・・・。

初めての経験で どのように気持ちをもって どのように対処して行けばいいか わからなくて この先の生活をとても不安に思いました。

14-H190925.jpg


この続きは明日。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。