ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2時間の大手術 無事成功!
2007年02月11日 (日) | 編集 |
ミイ・ケイのブログにお越し戴いた皆さん、ミイの手術は無事に終わりました。 ご心配をして戴き 本当にありがとうございました。 暖かいコメントで私もミイも勇気づけられ 無事に乗り切ることができました。 本当に本当にありがとうございます!

ミイの手術は2時間かかり お腹の中には無く そけいぶ(足のつけね)と体の中間地点にあったとのことです。 従いまして お腹を切開して無いとわかり縫合して 次に睾丸の降りてくるルートを切開して そこにあったのだそうです。 な、なんと合計20cmの切開で それで2時間もかかったとのことです。

先生いわく 「僕も初めての経験でしたね。こういうところにあったのはぁ。」とおっしゃっておりました。 なので かなり珍しい停留睾丸位置であったようです。

この先生いわく 「前回の手術では 捜し切れなかったのでしょう。 それと今は直径1cmくらいに成長していますが 当時は小さくてみつからなかったのでしょうね。」と同業者をかばうような発言もしていました。 この先生 人徳のある人だなと思いました。 動物病院全体の信用にかかわる問題ですもんね。 同業者の悪口を言っても何のメリットもないけれど 動物病院は信用できると飼い主さん達に思ってもらえればという考えからの発言なんだろうなと私は理解しました。(韓国のノムヒョン大統領に似ています。)

私思わず 「先生の技術のおかげで無事に終わることが出来て 本当にありがとうございました。」と90度 頭を下げました。 もっと下げたかったけど。 これでミイの心配、ガンになるかもしれないの心配もしなくてよくなり 元気いっぱい生活できると思うと 本当にもっと下げたかったですよ。

写真は時系列に並べました。 傷口の写真があります。 あくまで停留睾丸の手術の参考までにですが 気分の悪くなる方は見ない方が良いと思います。

catblog472-070210.jpg


catblog473-070211.jpg


≪先生から≫
切除したミイの睾丸を見せてくれました。この睾丸は右の睾丸でした。約1cm位のものでした。「持ち帰られますか?」と尋ねられ 「いや、結構でございます。」とお返事しました。 中には記念に持ち帰る飼い主さんもいるとのことでした。

今日のご飯はいつもの半分くらいで もし嘔吐するようでしたら あげないでくださいと指示ありました。

今日11日から5日間 1日1回 抗生物質の錠剤を飲ませます。人間と同じで化膿どめですね。 1週間 抜糸が終わるまではエリザベスカラーをつけておいてくださいといわれました。 1週間後か10日後あたりに抜糸しますとのことでした。

≪ミイの様子≫
エリザベスカラーを生まれて初めてつけたミイ。(前回の手術ではつけろといわれませんでした。)家について ゴロンとなる前に よたよたで歩き回り匂いをかいで 確認しておりました。 ここが自分の家かどうか確かめたいのでしょうね。 そうじゃないと落ち着かないのでしょう。 猫独特の行動ですね。 視覚で認識しているのではなく 匂いなのですね。

次にトイレに行きたがりました。トイレのドームの蓋は取り除いておきました。 ダンボールの壁の部分もカッターで切り すぐに入れるようにしておきました。 おしっこをしました。 多分 我慢してたのかなと思います。 我が家のミイとケイは生まれてこれまで1度たりとも そそうをしたことが無いのです。 つまり トイレ以外では絶対に用を足しません。エリザベスがつっかえて かなりトイレしずらそうでしたが 砂をかく元気もないのか 2~3回かいてすぐに出て来ました。 

このエリザベスのせいで 何かにひっかかると前に進めず 力の出ないので 突進することができず 立ち往生。 猫は端っこを歩きたがるので もう引っ掛かりっぱなし。私がついて周り エリザベスをひっかかりから取ってました。 結局 一番初めはこたつの下の部分の(こたつ布団は上にあげてありました。)ホットカーペットの上で 夜中の12時位まで コロコロ寝ておりました。 エリザベスと傷口のせいで うまく 寝返りが打てなくて 私が寝返りをしたそうな時に手伝いました。 ここまでは何も食べず何も飲まず。 口の側まで持っていきますが 顔をそむけて 食べたくない様子。 ホットカーペットでコロコロしている時 手足が冷たく 体温が下がっているようだったので エアコンで24度にして ホットカーペットも38度くらいにして 体を温めました。 だって午後8時で丸24時間何も食べていないのだもの 体力の消耗から体温も下がると思います。

夜中の12時ごろにソファに寝たがり ジャンプしようとしたのですが できるはずもなく 抱っこして寝かせました。 この時もエリザベスが邪魔で寝ずらそうでしたが どうにか寝る体勢を探し出して 寝やすい体勢で寝ました。

次に午前2時ごろ カサカサと音がして目が覚めました。するとミイの大好きな黒のラックの上に寝ようとソファから移動していました。 壁にエリザベスがぶつかってカサカサと音がして うまく黒ラックの上に寝転がれないようだったので 私が横にしました。 それで落ち着いたらしく 目をつぶって寝始めました。 この時もカリカリと水を口の近くに持って行きましたが 食べませんでした。

次に気づいたのは午前3時30分。この時ははっと目がさめ ミイをみると起き上がって何かしようとしていたので 様子を見ていると トイレのようだったので 簡易に作った階段を降ろすのを手伝い エリザベスが厄介なのです。よろよろとトイレに行って用足しして又ソファに戻りコロリンとなりました。

この時がケイがソファの端っこで寝ていましたが 起きてきて カリカリを食べて ひとりでうろちょろしておりました。 この様子をミイが目で追っていました。 いつもなら 追いかけっこになるのですが 今日はさすがに動けないのでしょう。 そのうちミイは寝入ってしまいました。

今日は主人が仕事の日で 5時30分起き。 主人が起きてごそごそしていたら ケイがニャーニャー鳴きだして それでミイも起きてしまいました。 (主人が朝ご飯の用意はいらないよと言ってくれたので 私はミイの側で寝てました。)寝返りを打ったり 起き上がったりしたいのだろうけど エリザベスが本当しんどそうでした。 この時も食べなかったですね。カリカリも水も。

私もいつもなら6時前後おきですが この日は2時間おきに起きていたので 起きたのが7時頃でした。ミイはソファでスースーと寝息を立てて上向でコロリンと寝ておりました。

エンドレスで終わりがないですねぇ。一旦ここで切ります。

ブログはいいですよ。保存しといてくれて 見たい時見れるし。防備録にはうってつけです。特にこのような特殊なことをした時は詳細がよくわかります。なので 細かく書いときますぅ。



コメント
この記事へのコメント
♪こめさん、コメントありがとうございます!(^。^)
2時間 あちこち切っては縫い 又切っては縫いだったのでしょうね。 でも 麻酔の覚めもよく 私も主人も本当に安心しました。 ご心配してくださりありがとうございました。 停留睾丸ですよ。 お腹に残すと50%の確立でガンだそうです。 あとでしっかりまとめようと思っています。 はい、ゆっくり休みますぅ!
2007/02/12(月) 12:46:10 | URL | mamachan #-[ 編集]
お疲れ様でした!!!
ミイちゃん、そしてmamachanさん
お疲れ様でした!!!

2時間の大手術を乗り越えたミイちゃんに涙が出ましたよ~
縫合痕を見て本当に大変な手術だったんだなと実感しました。
ミイちゃんの停留睾丸は特殊な例だったんですね。
自信も技量もある先生にして2時間かかってしまうなんて…
ミイちゃん、よくがんばりましたね!
ああもう私からも、先 生 あ り が と う !!

手術後、なれないエリカラ着用でもちゃんとトイレでちっこする
ミイちゃん、えらいね~^^
そういえばもちも手術後、体温が異様に低かったのを思い出しました。
あれって麻酔の影響なんでしょうか?

mamachanさんがこうして詳細な記録を残してくださることで
読んでいる私も勉強になりますし
同じような状態に悩んでいる人にとって参考になりますよね!

ミイちゃん、数日はゆっくり休んでくださいね^^
2007/02/11(日) 16:01:28 | URL | こめ #GQzJNJ3U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。