ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミイの停留睾丸 再手術します
2007年02月02日 (金) | 編集 |
昨日ほど 「ブログやってて良かったぁ!」と思ったことはありません。 あの日のこと(ミイが去勢手術+停留睾丸の為避妊手術もどきのふたつをした日のことです。H18.05中旬です。)がしっかり書いてあって 読みかえして 記憶がはっきりしました。 そうじゃないと 1年前のことなんて忘れちゃうもんね。

ケイの皮膚病で 再再度の新しい動物病院に 行った時に ミイの停留睾丸のいきさつ、手術結果、その後のミイの様子を話して 相談しました。

結果!

この院長先生 動物病院の先生をして20年、去勢、避妊手術は数千行い 停留睾丸も数百を執刀したとのこと。

何cm切りましたかと言われ 5cm弱ですと答えると 停留睾丸を捜す時は10cmは切りますねとの返事。

僕は今まで数百の停留睾丸の手術をしましたが 「捜して無かった」ということは1度もなかったですとのこと。 (ミイを手術した獣医は「捜したけどなかった」と言いました。 ちなみに次の先生はできるかどうかわからないといいました。 この技術の差よ! 獣医でも技術の差があることがよくわかりました。 はっきりと表には出ないですけどね。)

停留睾丸は50%の確立でガン化しますとのこと。

ということで ミイを来週の土に再度 停留睾丸の手術を この先生にしてもらうことに決めました。

あの やぶ医者! 技術が無かったのに できるふりして 手術して お金を取ったのだぁ! 無償に腹が立ちました! こんな倫理感の欠落している獣医もいると言う事を知っていて欲しいです。

catblog232-060513.jpg

この写真は去年5月の手術した翌日のもの。

catblog235-060513.jpg

傷跡のアップです。

あ、興奮して 頭が痛くなってきたぁ。 この辺でやめますぅ。 ミイの手術の話は又後で書きますね。


コメント
この記事へのコメント
♪こめさん、コメントありがとうございます!(^。^)
いろいろな獣医がいるということを実感した瞬間でしたね。評判や人の判断も必ずしも正しいとは限らないと知りました。 一番初めの獣医は「いい先生」と言われて通い出したのですから。それとお酒の先生は知人のポメラニアンが夜の9時ごろ 意識不明になって診察を頼んだら 奥さんが出てきて この医者全然で手て来なかったらしいです。 「普段は僕は動物のことをいつも考えているとかいっておきながら」と 知人がかなり怒っていました。 やっぱり 「診断は別の獣医にも診てもらって」が 絶対良いですよ! あ、興奮して 又頭が痛くなってきましたぁ・・・。人生経験しましたです。
2007/02/03(土) 11:32:18 | URL | mamachan #-[ 編集]
♪mouchiさん、コメントありがとうございます!)^o^(
えぇー くぅちゃんにそんなことがあったのですかぁ! 肺腫瘍と肺炎じゃ すごい違いますよねぇ! mouchiさんの判断正しかったですね、危機一髪という感じで。mouchiさんもその時はご心配で落ち着かなかったことでしょう。 そんな時にこのブログにいらしてくださったんだぁ、これも何かの縁、お互いに心配事が尽きないかもしれませんが 情報交換しながら がんばって行きましょう!くぅちゃんも早くよくなりますように!
2007/02/03(土) 11:23:53 | URL | mamachan #-[ 編集]
私も後々のことを考えると、今、手術しておいた方がいいと思います~
ミイちゃんタイヘンだと思うけど
取ってもらってスッキリしようね!
がんばってほしいですv-217

しかしこの技術の差…
技術や知識のないものが獣医としてまかり通っていることに
私も腹が立ちました!
こないだの午前中に行ったらお酒臭かったという先生も
切って正解だと思います。
その先生は夜中にもし緊急を要する患者がいても
診ない(診れない)ってことですよね。
技術以上にその心構えに失望ですww
2007/02/03(土) 08:10:31 | URL | こめ #GQzJNJ3U[ 編集]
ミイちゃんケイちゃんこんにちは~
ミイちゃんやっぱり再度手術するんですね。私もその方が良いと思っています♪ そして何か病気や治療方法に疑問があったら、迷わずセカンドオピニオンは大切だと思っています♪
実を言うとうちの新米猫は、肺腫瘍と宣告されたのが去年の11月・・・抗癌剤治療も予約をして・・・でも もしかしての望みにかけて
セカンドオピニオンへ・・・・結果は 虫の関係で肺炎という診断が濃厚となり、今でも肺炎治療に通院しています。もし あの時抗癌剤を勧める病院に行っていたら・・・・今頃 元気なくぅちゃんはいなかったと思います。そんな時から ミイちゃんやケイちゃんには癒して貰っていたんですよ(^^) ミイちゃん頑張って手術受けようね♪
2007/02/02(金) 16:23:46 | URL | mouchi #LkZag.iM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。