ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院へ ふうちゃん
2007年10月27日 (土) | 編集 |
昨日おとといから ふうちゃん 「咳き」をしだしたんです! 私も猫の咳きは初めて見たというか 聞いたというか・・・。 結構深くて 大きい音出しますよ。 猫の咳きって。 もう一大事と思いましたぁ!

あわてて 罹りつけの動物病院へ! 動物病院の先生は 聴診器を胸にあて音を聞いて レントゲンとなりました。

結果、肺に白い影が映っていて な、なんと 「軽い気管支炎」と判明。 お薬2種類を10日間飲むことになりました。

なぜ気管支炎になったのか 不明。 朝方 寒かったりしたからかな・・・。

安静にとは言われませんでしたが ふうちゃん mamachanが心配でしょうがないから 少し静かにしてちょうだい・・・。

猫も気管支炎に罹るのかとびっくり。 猫の病気には注意が必要ですね。 家庭の医学書じゃないけど 猫の病気 百科事典で普段勉強が必要ですね。 あわてない為にも!

それと罹りつけの動物病院はいいですよ。カルテがちゃんと残っているから 多角的に判断ができますもの。

17-H191029.jpg


ふうちゃんの気管支炎が治るまで ワクチンはおあずけです。


スポンサーサイト
ホットカーペットでのワンショット 
2007年10月21日 (日) | 編集 |
我が家では去年 ミイとケイの為に ホットカーペットを買いました。

それで ミイもケイも人間ふたりも その威力にトロけそうになりました。

ホットカーペットの上に寝転んでいると 気持ちいいんですよぉ!

17-H191021.jpg


ある夕方のワンショット。 ホットカーペットで ミイとケイとふうちゃんも和み状態。

ホットカーペットのおかげですぅ。




猫ベッド かけ布団も要りますね
2007年10月18日 (木) | 編集 |
だんだん 朝晩は寒くなってきましたね。

ミイ、ケイ、ふうちゃんの3匹も 猫ベッドで丸くなって 寝たりしています。 

猫ベッドで丸くなるということは 寒いのだなと思って その辺にあるタオルやらフリースやらを 掛け布団代わりにかけました。
17-H191018.jpg


人間もそうですけど そぞら寒いと ぐっすり眠れませんもんね。

冬の準備に 猫ベッドフリースをかけ布団かわりにどうぞ!




ふうちゃんのベッドですよぉ!
2007年10月16日 (火) | 編集 |
ふと 気づきました。 ふうちゃんの猫ベッドがないことを・・・。

で、寒さもだんだん厳しくなるので 買いに行きました。

もうぉ ミイとケイは興味津々で 自分のベッドと勘違いしてますぅ。

17-H191016.jpg


ふうちゃん ミイとケイに取られないようにね!


またまた新入り仲間 ミイ
2007年10月13日 (土) | 編集 |
朝晩かなり涼しくなってきましたね。 我が家ではさっそく ホットカーペットを出しましたよ。
大活躍中です。

猫ちゃまが3匹に増えまして 掃除機もフル回転で 今年はほっとカーペットの掃除用に
「コロコロ」買いました。

ばっちりグーですよ!

17-H191013.jpg

17-H191013-2.jpg


ねえ、ミイちゃん! チェックで忙しい?



新米猫と先住猫のお話
2007年10月12日 (金) | 編集 |
今日は我が家の話ではなく 懇意にしている美容院の猫ちゃんたちのお話をします。

黒猫「ジジ」ちゃんは和猫か和猫のミックスで まだ赤ちゃんの時に拾われて 美容院さんのおうちで暮らすようになりました。
ジジちゃん。

jiji.jpg


そのおうちには 実は先住猫の「メイ」ちゃんがいたのです。 ヒマラヤンのような洋猫で これはペットショップに売れ残っていたのを 娘さんがひとめぼれをして お父さんにおおねだりをして 一緒に暮らすことになったのです。メイちゃんはこちらから。(写真一番左上)

catblog515-0700328.jpg


「メイ」ちゃんは超おとなしい、わが道を行く、甘えない、愛嬌をふりまかない、鳴かない猫なのだそうです。

なので ジジちゃんを飼うまでは 猫とはこのようなものだと思ったそうです。 美容院さんも我が家と一緒で 猫を飼うのは初めてだったそうです。

で、本題。

ジジちゃんがきて メイちゃんはびっくりしたらしくて 息子さんの掛け布団におしっこをいっぱいしたそうです。 息子さんのバッグの中にも・・・。

ジジちゃんは体力が回復し 成長するにつれて やんちゃで いたづらで あちこち走り回り飛び回り そしてメイちゃんにもちょっかいを出すのだそうです。

が、メイちゃんは無視を決め込むらしいのですが 我慢の緒が切れると怒って3メートルくらい追いかけるらしいです。 ジジはびっくりして 逃げるそうです。でもメイちゃんはそれ以上はしないそうで 又いつものスタイルに戻るそうです。 

メイちゃんは自分のトイレにジジちゃんが入ると トイレの前に張り付いて 憤慨しているらしいですが 取り立てて騒ぎにならず まず~い雰囲気が漂うとのこと。

ジジちゃんは天真爛漫なので トイレの後は すっきりして 又飛んだりはねたり。

そうこうして 約3ヶ月たって だんだん お互いを認め合うようになったような気がすると奥さんが言っておりました。まだ 1から10まで 2匹が仲良くしているわけではないらしいですが 時間が解決することもあるのかもしれません。

ちなみに美容院さんちでは ジジちゃんが来た時「ケージ」など使わず すぐに一緒に生活させたそうです。 結構大胆な方法ですが それはそれでなるようになった例ですね。

私が思うに メイちゃんがおとなしい性格だったので ジジちゃんを徐々にですが受け入れているのではないでしょうか。 

ミイとケイもそのような気がします。 ミイとケイはのんびりと外猫も知らず 相手を疑うことや用心することを知らずに生きてきたので ふうちゃんともうまくいったのだと思います。

ここのポイントはかなり重いような気がします。

早起きは3文の得
2007年10月10日 (水) | 編集 |
今朝は用事があって 早く起きました。 早く掃除機をかけ 早く新聞を読み なんでも早く済ませちゃおう! と意気込んでいたら・・・。

掃除機をかけようと思えば ミイとケイとふうで こうだし・・・。

新聞のちらしが楽しみなのに こうだし・・・。

それで 結局 「どいてよぉ」とか「こぉらぁ」とか言っていたら
いつもと同じ時間ごろに終わったのでした・・・。

17-H191010.jpg


あんまり3文の得になっていないような・・・。


猫?!肥ゆる秋
2007年10月08日 (月) | 編集 |
近頃は秋を思わせますね。

ミイちゃん 馬肥ゆる秋というか 猫肥ゆる秋というか・・・。

去勢手術の後、夏のあたりから お腹の周りがメタボ状態です。

17-H191007.jpg


あんまり 気にしてないみたい・・・。

(画像が荒れててすみません、圧縮し過ぎたみたい・・・)




クロネコ ジジ君
2007年10月07日 (日) | 編集 |
mamachanです。 ピンクレディにお越しくださいまして ありがとうございます!

さて 今日はクロネコ ジジ君を紹介しますね! 私の家で飼っているのではないですよぉ、 懇意にしている美容院のおうちで生活しています。

この子は娘さんが拾ってきたのですが その時の状況が 産み落とされて 母猫とはぐれたらしく 目はぐちゃぐちゃ ガリガリに痩せ 鼻水は出て もう1-2週間で死んでしまうのではないかという状態だったそうです。

動物病院に連れて行き 処置をして 今は生後4ヶ月くらいで お母さんの手にじゃれついて お母さんの背中におんぶして 玄関でお母さんが戻ってくるのを待つ位 元気になりました。

jiji.jpg


この美容院のおうちにも 実は先住猫がいて その時の苦労、今も続いているようですが 私と奥さんとふたりでおお盛り上がってしまいました。

この話は次回に続く。

 

ふうちゃん 何の夢?
2007年10月06日 (土) | 編集 |
こんにちは。 mamachanです。 

昨日は一日 PCカチャカチャの日でした。

ふと左脇を見ると ふうちゃんが猫ベッドで お昼寝中。

17-H191006.jpg


あまりにかわいいんで パチリ!
起こして ごめんね。


おやつ風景
2007年10月05日 (金) | 編集 |
おはようございますぅ。 mamachanです。

近頃は大体4時起きで なぜかというと 我が家の子供3人が 「お腹がすいたあ」と起こすからです。

それはいいとして・・・

昨日のおやつ風景です。 本当はおやつを床に置いて ふうちゃんとミイ+ケイのお尻を向けて食べさせようと思っていたら お皿を置く距離が短かったらしく さぁーと寄ってきて みんなで水を囲むように並んで食べ出しました。

17-H191005-1.jpg


17-H191005-2.jpg


17-H191005-3.jpg


人間もそうだけど みんなで 寄り合って 食べるのがいいのかしらねぇ。 知らず知らずにそうなるもんなんですね・・・。

mamachanの心配の種が またひとつ 減った・・・。






ふうちゃんの過去の人生
2007年10月04日 (木) | 編集 |
タイトルがかなり大げさなんですけど ふうちゃんってこうやって生活していたんだぁと想像させる ふうちゃんの行動を書きますね。

只今体重は3.5キロです。 保護した当時は2.9キロだったので約1.5ヶ月で 0.6キロも増えたので あまりよろしくないとは思いますが 私としては やっと普通になり 栄養も満ち足りたかなと 取り立てて 心配はしておりません。 ミイとケイに比べると 体重も半分、頭の大きさも3回りくらい小さいです。 抱っこしても軽いし小さいしで 時々 ちびちゃんと呼んでます。

健康が一番ですもんね。

17-H191004.jpg


我が家にもすっかり慣れて ミイとケイとも トラブルなく生活できるようになりました。 どちらかというと 3匹の中で一番えらいと自分で思っているかもしれません・・・。 

さてさて・・・

1)ふうちゃんはおもちゃで遊んだことがない:

これには さすがの私も驚きましたが 我が家のおもちゃを全部引っ張り出して 3匹で仲良く遊ぼうと思ったら 怖かったらしく 走り逃げてしまいました。 一番小さなゴムで動くマウスにも びっくりして逃げ出してしまいました。 例えばおもちゃじゃなく 洋菓子を包んでいたリボンのようなひもにも興味をもちません。

恐らく 以前の飼い主さんは このような猫のおもちゃで遊ばせていなかったのですねぇ・・・。



2)抱っこ大好き:

私が床などに座って 本を読んだり 編み物していると 太もものところに前足を置いて 後ろ足で伸びて 私の顔に自分の顔を近づけてきます。 最初は何だろうと思って どうしたの?と聞いていましたが いつまでも いつまでもその体制でいるので 抱っこしたら 安心して 自分の手足をぺろぺろなめだしました。抱っこ状態でぺろぺろするなんて しんどいのではないかと思いますが 延々平気でぺろぺろしていて 最後寝るんです。

これにも相当驚きました。 以前の飼い主さんは 抱っこばっかりしていたのでしょうね。 おもちゃで遊ぶ代わりに抱っこしていたのだと思います。



3)獲物とりごっこ(だと思う・・・):

唯一 ふうちゃんが興奮して 遊んでいるのだろうなと思わせることがあるのですが 私の寝ている布団の上で 布団の上に何かいるから それを捕まえるようなしぐさをします。 しっぽが2倍にふくらみ 明らかに興奮状態になり 布団の上中でしています。 私の想像ですが(ミイとケイからの体験) 空想で獲物をとっているのだと思います。 

ふうちゃんは以前 単頭飼いで ひとりでいる時間が多かったのではないかと思います。 以前の飼い主さんはお勤めしていて いない間ひとりでそのようなことをして 遊んでいたのではと思います。

布団の上で興奮状態の時に私が手を出そうものなら 獲物だと思って前足で私の腕をつかみ 後ろ足で猫キックしてきます。 結構本気で痛いのです。 まさしく単頭飼いの行動ですよね。



4)かつおぶし大好き:

ある日 かつおぶしを出したのですが すごい勢いで食べだしました。 お皿を最後までぺろぺろなめてました。 もちろん ミイとケイのお皿にも行って お皿をなめましたけど お皿の周りに落ちているかつおぶしも丁寧に食べてましたよ。 それと子猫用の猫缶も好きですねぇ。 ミイとケイは今出しても食べません。 カロリーが高いせいかねっとりと油っぽいですよね。 子猫用って。 でも出すとぺろりと食べます。

幼少の頃、子猫用缶詰とかつおぶしをよく食べていたんですねぇ。このふたつは他の食べ物より くいつきがかなりいいです。

なぜ ふうちゃんがあそこにいたのか わかりませんが 今は我が家で無事に生活できています。 過去のことなんかより これからみんなで たくさん楽しい思い出を作って 暮らしていこうね! ふうちゃん!

  




新生活 エピソード3
2007年10月03日 (水) | 編集 |
ミイとケイと一緒に生活をするようになって 約2年経ったのですが つい最近 「ああ、そうなんだぁ」と勉強になったことがありました。

それは 猫は「1)安心できて 2)適度な温度で 3)暗くて 4)周りに誰もいない」ところで寝たがるということです。

この1)と2)と3)に関してはもうわかっておりましたが 今回勉強になったのは4)周りに誰もいないです。

ミイとケイはいつも近くでくっついて寝ておりました。 兄弟だし 一人で寝るより ふたりの方が安心かなと思っていました。

が だんだん 大人になるにつれて 自分のお気に入りの場所で ポツンと ぐっすりと寝るようになってきています。

そこへ ふうちゃんがやってきましたので 我が家は完全に この4つの条件を満たすベッドが不足してしまいました。

で どうなったかというと 「ベッド争奪戦」に・・・。

17-H191003.jpg


自分の寝たいなと思うベッドに誰かいた場合・・・1)追い出す あるいは 2)広い場合は脇に寝る。

自分の寝たいなと思うベッドに誰かがいて もうすでに ぐっすり眠りこけている場合・・・ 1)そこには行きません あるいは 2)無理やり起こして追い出す

それで 我が家の猫は 朝8時ごろから夕方まで ぐっすり眠ります。 お昼ごろやおやつの3時ごろは目がさめて うろちょろしますが それ以外は ずーっと寝ていることが多いです。 

そのうろちょろする時 必ず寝場所を変えます。 その時に上記の追い出しや脇にもぐりこんで寝たりします。

で、昨日 部屋の模様替えをして 部屋の4角にベッドを用意し それ以外にソファ、テーブルの周りに座布団と寝る場所をたっぷり作りました。

そしたら あら不思議。 3人ともすんなりと自分の寝たい場所で寝て 昨日は争奪戦は見かけませんでした。

1匹より2匹 2匹より3匹 いろいろな事が起こり あるもんだなとつくづく感じた昨日でした。

ミイとケイとふうちゃんは じゃれたり かけっこをしたり 近頃はお互いに頭をなめたり かなり仲良く生活することができるようになりました。

これは本当にラッキーなケースだと思います。 なかなか仲良くなれずに 再び里子に出される猫ちゃんの話も聞きます。

mamachanに子供が3人で にぎやかで 毎日とっても楽しいです。


次回はふうちゃんの過去の人生をかいま見ることができたエピソードを書きますね。 お楽しみに。

新生活 エピソード2
2007年10月01日 (月) | 編集 |
私も主人も「飢餓」に遭遇したことがありません。 食べられなくてお腹がすいてという状況になったことがないので ふうちゃんの行動には 本当に驚きました。 「飢餓」を知っているものだけがする行動だと思いました。

ご飯の時間になり 3つお皿を用意しカリカリを入れ 「ごはんだよぉ!」といいながら 床の上に皿を置きますと ふうちゃんが一目散にやってきて どれかひとつを食べます。 すべてを食べ終わらないうちに ミイとケイが食べているお皿に行き ミイとケイを猫パンチで追い払い ふうちゃんが食べました。

ミイとケイは食べ終わらないうちに ふうちゃんに猫パンチをされるのですから たまったものではありません。 しばし ミイとケイは自分たちが食べている時 ふうちゃんに猫パンチされるのじゃないかと いつも 後ろを振り返り 確認しながら 食べたりしてました。

で、これじゃ 仲良くなれないと思い だって人間だって 「食べ物の恨みは怖い」ですもんね、ふうちゃんのお皿とミイをケイのお皿の置き場所をかなり離して お互いお尻を向けて 相手が見えない状態にして 食べさせました。 でも ふうちゃんは必ず相手が何かを食べているか 見ますね。 確認しているというか・・・。 

ふうちゃんは全て食べおわると 必ずミイとケイのお皿に行き 残っていると食べます。

ミイとケイは 大量にしっかり食べるわけではないので 半分残したり 少ししか口をつけなかったりもするので ふうちゃんは必ずミイとケイのお皿を確認しに というか食べに行きます。

お腹いっぱいなのだと思いますが 次いつ食べられるか わからないのでとりあえず お腹に入れておくっていうような 狼のような 犬のような・・・。 猫とは到底思えない行動です。

近頃 ふうちゃんはふっくらしてきて 顔が横に広くなり かわいい顔になって来ました。 保護した当時は首や手足が細くって 本当飢餓状態のような風でしたが 今はみちがえるように ごく普通の猫の体格に戻りました。

17-H191001.jpg


次回は「お昼ねの場所・争奪戦」の話をしましょう・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。