ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はクイズです ケイちゃん編
2007年02月27日 (火) | 編集 |
確定申告の数字と格闘して 早1週間。 まだ できてまへん。

ということで 息抜きに クイズです。 かなり難しいですぞぉ!

catblog482-070227.jpg


それにしても ケイちゃんの寝姿は 本当 笑わせてくれます。

かなりの 息抜きになりますぅ!


スポンサーサイト
確定申告づくり 始めましたぁ 
2007年02月22日 (木) | 編集 |
ミイの手術が終わり ひと息と思っていたら な、なんと 確定申告が始まっておりましたぁ! 今年はまだ何にもしてまへ~ん! こりゃ大変と昨日から始めました。

今年は不動産貸しを始めたのでややこしいのですぅ・・・。う、う、う!

それとは知らずの我が家の天使たちは いいな・・・。

catblog481-070222.jpg


ああ、申告書ができあがるまで 気が重いですぅ。

PS: 今日は2月22日で ニャンニャン猫の日だそうですぅ! どちらかのブログさんで書かれておりました。 おーおーめでたいぞ! 今夜は お刺身を奮発しましょかね!





なかよし兄弟 ミイとケイ
2007年02月20日 (火) | 編集 |
夕べ 珍しいツーショットを写真に収めました。 私も主人もはじめて見た光景です。

ひとり入って満杯の赤ベッドにふたりで寝て なにやら おしゃべりをしているようでした。

ミイの手術で ケイもそしてミイも 思いっきり遊べずに さみしかったのか・・・。 

catblog480-070220.jpg


いつでも どんな時でも 「兄弟仲良く」 それが一番ですね。


抜糸で病院行きました ミイ
2007年02月19日 (月) | 編集 |
2月18日(日)に ミイの抜糸で病院に行ってきました。
のべ20cmのうち 4針分はまだくっつきが弱いということで 来週になりましたが その他は抜糸できました。 

車の行き返り ミイは吐く事なく 無事に行って来れました。 病院ではニャーニャー鳴いたものの じたばたすることもなく おとなしく抜糸されてました。 ケージの中から 別の動物(老犬)を目を丸くして見たりして 余裕でした。

私は手術をしたことがないのでわかりませんが 主人は盲腸を体験しているので わかるらしいのですが 糸がついてると 引っ張られて 筋肉を動かした時に痛いのだそうです。

今のミイちゃんは4針分の糸は残っているものの 昔のミイちゃんで 70cm位は軽くジャンプできるし 全速力で走っています。 ケイちゃんと取っ組み合いもできるようになりました。

catblog478-070219.jpg


catblog479-070219.jpg


やっと 普段の暮らしに戻れて ケイちゃんも私達も安心しました。



元気いっぱいすぎ ケイちゃん
2007年02月15日 (木) | 編集 |
ケイちゃんは ミイがまだ抜糸が終っていない為 思いっきり走り回れず 一緒に思う存分遊べません。 そのストレスかどうかは定かではありませんが こんなこと してくれちゃってました。

catblog476-070215.jpg


catblog477-070215.jpg


ミイが手術が終わり家に戻った時のケイちゃんの様子を書きますね。

ケイちゃん ミイの異様な様子に(エリザベスカラーをつけ よたよたと力なく歩いている様子です) 側により くんくん匂いをかいでいました。 

ミイがエリザベスのせいで あちこちひっかかり 前に進めないのを すごーくびっくりして 遠巻きに見ておりました。 そのケイちゃんの顔が 「目が点」という感じで おかしかったです。

ミイがソファに横になっていた時 ダダダーッと走ってきて ソファにポンポンと跳ね上がった時 ミイは「腹にひびくぅ~。」というような渋い顔をしておりました。 私 思わず 「こら!ケイちゃん ミイちゃん ポンポンが痛いんだよぉ! やめなさい!」と大声を張り上げてしまいました。 ケイちゃんには ミイが大手術だったなんてわからないよね。 寝てばっかりいないで 遊ぼぉ!遊ぼぉ!の誘いだったのでしょう。

10日、11日、12日、13日、14日の5日間は 誘っても誘っても いつものミイと違って のってこないので ついにヒステリーを起こしたのか イスをかじって すごいことしてくれちゃってました。

抜糸が終るまでのしんぼうですよ ケイちゃん。 






順調な回復 ミイ+ケイ
2007年02月14日 (水) | 編集 |
ミイちゃんは順調な回復で 今のところ安心しております。

ところで 猫って本当にいつもしていたことがしたいんですね。 お気に入りの場所は高い位置にありますが 例えば 冷蔵庫の上とか 出窓のへりとか。 ミイちゃんはそこへ行きたいらしく ジャンプする場所に行くのですが まだジャンプができないので その場で 「ニャーニャー」と鳴きます。 つまり 「あそこに行きたいけど いけない 抱っこして 上げてくれ」という意味で。

昔 雑誌かネットかで読んだことがありましたが 猫のトイレしつけで 洋式水洗トイレにしつけるのはしない方がよいという記事でしたが 理由はよぼよぼの老人になったとしても 習慣なので 必ず水洗トイレで用を足そうとして もし体力的にできなくなったら 本人が辛くなるからということでした。

この記事を今回 痛感しましたね。 

ケイちゃんの昨日13日(火)は注射の日だったので 動物病院に行きました。 これまた順調で あと1回お注射したら もう終わりです。

顔の皮膚にいる回虫とは もともと持っているものだそうです。 毛穴に住んでいるのだそうです。 免疫力が下がると大量発生したりするのだそうです。 そういえば 人間の毛穴にも虫が住んでいるんですよね 無害だそうですけど。 

ケイちゃんはミイと遊びたくて 遊びたくて 遊びたくているのですが ミイはお腹が本調子ではないので 誘われても遊びに行きません。 ケイちゃんはつまんなさそうにしています。 もう少し待っててね。

catblog475-070214.jpg


今のところ 部屋を歩き回りますが 走れないようです。 ジャンプも40cmくらいはできますが それ以上はできないです。 朝晩 こ寒いので暖かい場所で寝ていることが多いですね。 手術でかなり体力を消耗したので じょじょに蓄積しているのかもしれません。





やっと ご飯 食べられました ミイ
2007年02月12日 (月) | 編集 |
手術後のミイの様子を書きますね。 しばし おつきあいを・・・。

2月11日(日)の午前8時にやっとご飯が食べられました。 ソファに寝ていて目が覚めたのを見計らって 豆皿にカリカリを少し乗せて 口のそばに置いたら くんくんと匂いをかいで いっきに食べだしました! 私思わず 「あ!食べた!良かった!」と声に出してしまいました。 ミイちゃんも何か思い出したようにガツガツ食べました。 食欲が出たのですねぇ。 水もそばまで運びましたが それは飲みませんでした。

この時 エリザベスカラーを取りました。 ミイちゃん なんか すっとしたらしく しばし 空中を見ていました。

これは参考になるかならないかわかりません。 なので 真似しないでくださいね。 

先生は抜糸までエリザベスをつけているように言いましたが 私にはある確信があったので 取る事にしました。 抜糸までつけないことにしました。

ひとつは前回の経験です。 ミイは前回の手術でエリザベスをつけませんでした。 (これがいい事なのか悪い事なのかは別として) その時 傷口が気になるらしく ぺろぺろ舐めていました。 今回 私はミイは自分で傷口を舐めた方がいいと思いました。 傷口に塗り薬が塗ってある場合は薬の意味をなさなくなるのでだめだと思いますが 今回は縫ってあるだけで 血がにじみ出たような そしてそれが固まったようなものが傷周りにいっぱいついていました。 ペット用のウェットシートで拭いてもよいと思いましたがやめました。

猫ちゃんの中には縫合の糸を食いちぎる猫ちゃんもいると思います。 そうすると化膿したりするかもしれないので エリザベスカラーはきっちりつけた方がいいと思います。 ミイの場合 前回ペロペロ舐めただけだったので 今回もそうすると思いました。

ふたつめは エリザベスカラーでストレスが溜まるだろうと思ったからです。 しょっちゅうエリザベスをつけて 慣れている猫は大丈夫だろうと思いますがミイはつけたことがなく 体が縫い傷の為 自分の自由に動かない上に エリザベスがあることで 余計に行動が制限され 自分の思い通りにならずにストレスになり 治るものも治らなくなるのではないかと思ったのです。 そして エリザベスのせいで 自分で予期できずに 思わぬ所にぶつかったりしたら危ないなぁと思いました。 

3つめは 野性の動物は傷がついたら 自分で舐めて治すじゃないですか あの野生動物の舐めるという治癒力で 舐めても大丈夫だろうと思いました。 それよりも自分で舐めないでおく方が不衛生ではないかとも思いました。特に猫は舐めて綺麗にする習性がありますから。 そして舐めて傷の治り具合を自分で把握するのではないかと思いました。

で、結論。

10日の手術から帰宅して エリザベスをつけて 翌朝11日の朝8時までの 14時間は2時間起きにミイは起きていました。 つまり 熟睡できてない感じ。 しかしながらエリザベスをはずした11日の朝8時から夜まではぐっすりと眠っておりました。 もしエリザベスをつけていたとしたら 自分の好きな寝方で寝られず 熟睡しずらかったのではないかと感じます。 ということで エリザベスをはずして ミイが熟睡できて よかったということです。
歩き方はよたよたでしたが エリザベスがないので トイレにもスムーズに歩いていけて スムーズに用足しができ 部屋のあちこちを歩いておりました。

catblog474-070212.jpg


これは余談ですが ミイは手術が終わり麻酔から覚めて ずっと鳴きっぱなしだったようです。 私たちが病院でミイに対面した時 (ミイはバスケットの中でしたが) ニャーニャーと鳴いておりましたが 声がかれていました。 

「mamachan、 mamachan、 mamachan どこぉ!」と大声で鳴き続けたのだと思います。

私がバスケットの隙間から 指を入れて ミイのほっぺたを撫でて 「ミイちゃん、ミイちゃん、mamachanよぉ!」と言うと 声のトーンが落ちました。 かすれ声で ニャア、ニャアになりました。

家に戻って その夜ですが ずっとミイの側にいましたが ちょっと離れて 姿が見えなくなると ミイがかすれ声で「ニャー、ニャー」と鳴きました。 又 置いてきぼりにされると思ったのか きっと不安になっているのだろうなと思い 「mamachan、ここよぉ!」と大声をあげて 返事しております。

私も幼稚園の頃から 母親が共働きで外で働いていたので 幼稚園から帰っても 母親はいなくて とっても心細く寂しかったのを覚えています。 きっとミイもそんな気持ちでいるのだろうなぁと想像できました。

今日もまだ 声がかれています・・・。

これまた切りが無いので この辺で。




2時間の大手術 無事成功!
2007年02月11日 (日) | 編集 |
ミイ・ケイのブログにお越し戴いた皆さん、ミイの手術は無事に終わりました。 ご心配をして戴き 本当にありがとうございました。 暖かいコメントで私もミイも勇気づけられ 無事に乗り切ることができました。 本当に本当にありがとうございます!

ミイの手術は2時間かかり お腹の中には無く そけいぶ(足のつけね)と体の中間地点にあったとのことです。 従いまして お腹を切開して無いとわかり縫合して 次に睾丸の降りてくるルートを切開して そこにあったのだそうです。 な、なんと合計20cmの切開で それで2時間もかかったとのことです。

先生いわく 「僕も初めての経験でしたね。こういうところにあったのはぁ。」とおっしゃっておりました。 なので かなり珍しい停留睾丸位置であったようです。

この先生いわく 「前回の手術では 捜し切れなかったのでしょう。 それと今は直径1cmくらいに成長していますが 当時は小さくてみつからなかったのでしょうね。」と同業者をかばうような発言もしていました。 この先生 人徳のある人だなと思いました。 動物病院全体の信用にかかわる問題ですもんね。 同業者の悪口を言っても何のメリットもないけれど 動物病院は信用できると飼い主さん達に思ってもらえればという考えからの発言なんだろうなと私は理解しました。(韓国のノムヒョン大統領に似ています。)

私思わず 「先生の技術のおかげで無事に終わることが出来て 本当にありがとうございました。」と90度 頭を下げました。 もっと下げたかったけど。 これでミイの心配、ガンになるかもしれないの心配もしなくてよくなり 元気いっぱい生活できると思うと 本当にもっと下げたかったですよ。

写真は時系列に並べました。 傷口の写真があります。 あくまで停留睾丸の手術の参考までにですが 気分の悪くなる方は見ない方が良いと思います。

catblog472-070210.jpg


catblog473-070211.jpg


≪先生から≫
切除したミイの睾丸を見せてくれました。この睾丸は右の睾丸でした。約1cm位のものでした。「持ち帰られますか?」と尋ねられ 「いや、結構でございます。」とお返事しました。 中には記念に持ち帰る飼い主さんもいるとのことでした。

今日のご飯はいつもの半分くらいで もし嘔吐するようでしたら あげないでくださいと指示ありました。

今日11日から5日間 1日1回 抗生物質の錠剤を飲ませます。人間と同じで化膿どめですね。 1週間 抜糸が終わるまではエリザベスカラーをつけておいてくださいといわれました。 1週間後か10日後あたりに抜糸しますとのことでした。

≪ミイの様子≫
エリザベスカラーを生まれて初めてつけたミイ。(前回の手術ではつけろといわれませんでした。)家について ゴロンとなる前に よたよたで歩き回り匂いをかいで 確認しておりました。 ここが自分の家かどうか確かめたいのでしょうね。 そうじゃないと落ち着かないのでしょう。 猫独特の行動ですね。 視覚で認識しているのではなく 匂いなのですね。

次にトイレに行きたがりました。トイレのドームの蓋は取り除いておきました。 ダンボールの壁の部分もカッターで切り すぐに入れるようにしておきました。 おしっこをしました。 多分 我慢してたのかなと思います。 我が家のミイとケイは生まれてこれまで1度たりとも そそうをしたことが無いのです。 つまり トイレ以外では絶対に用を足しません。エリザベスがつっかえて かなりトイレしずらそうでしたが 砂をかく元気もないのか 2~3回かいてすぐに出て来ました。 

このエリザベスのせいで 何かにひっかかると前に進めず 力の出ないので 突進することができず 立ち往生。 猫は端っこを歩きたがるので もう引っ掛かりっぱなし。私がついて周り エリザベスをひっかかりから取ってました。 結局 一番初めはこたつの下の部分の(こたつ布団は上にあげてありました。)ホットカーペットの上で 夜中の12時位まで コロコロ寝ておりました。 エリザベスと傷口のせいで うまく 寝返りが打てなくて 私が寝返りをしたそうな時に手伝いました。 ここまでは何も食べず何も飲まず。 口の側まで持っていきますが 顔をそむけて 食べたくない様子。 ホットカーペットでコロコロしている時 手足が冷たく 体温が下がっているようだったので エアコンで24度にして ホットカーペットも38度くらいにして 体を温めました。 だって午後8時で丸24時間何も食べていないのだもの 体力の消耗から体温も下がると思います。

夜中の12時ごろにソファに寝たがり ジャンプしようとしたのですが できるはずもなく 抱っこして寝かせました。 この時もエリザベスが邪魔で寝ずらそうでしたが どうにか寝る体勢を探し出して 寝やすい体勢で寝ました。

次に午前2時ごろ カサカサと音がして目が覚めました。するとミイの大好きな黒のラックの上に寝ようとソファから移動していました。 壁にエリザベスがぶつかってカサカサと音がして うまく黒ラックの上に寝転がれないようだったので 私が横にしました。 それで落ち着いたらしく 目をつぶって寝始めました。 この時もカリカリと水を口の近くに持って行きましたが 食べませんでした。

次に気づいたのは午前3時30分。この時ははっと目がさめ ミイをみると起き上がって何かしようとしていたので 様子を見ていると トイレのようだったので 簡易に作った階段を降ろすのを手伝い エリザベスが厄介なのです。よろよろとトイレに行って用足しして又ソファに戻りコロリンとなりました。

この時がケイがソファの端っこで寝ていましたが 起きてきて カリカリを食べて ひとりでうろちょろしておりました。 この様子をミイが目で追っていました。 いつもなら 追いかけっこになるのですが 今日はさすがに動けないのでしょう。 そのうちミイは寝入ってしまいました。

今日は主人が仕事の日で 5時30分起き。 主人が起きてごそごそしていたら ケイがニャーニャー鳴きだして それでミイも起きてしまいました。 (主人が朝ご飯の用意はいらないよと言ってくれたので 私はミイの側で寝てました。)寝返りを打ったり 起き上がったりしたいのだろうけど エリザベスが本当しんどそうでした。 この時も食べなかったですね。カリカリも水も。

私もいつもなら6時前後おきですが この日は2時間おきに起きていたので 起きたのが7時頃でした。ミイはソファでスースーと寝息を立てて上向でコロリンと寝ておりました。

エンドレスで終わりがないですねぇ。一旦ここで切ります。

ブログはいいですよ。保存しといてくれて 見たい時見れるし。防備録にはうってつけです。特にこのような特殊なことをした時は詳細がよくわかります。なので 細かく書いときますぅ。



ミイの手術はいよいよ 明日!
2007年02月09日 (金) | 編集 |
いよいよ明日です。 今度の動物病院の先生は 停留睾丸の手術は難しいものではなく こちらが心配するのは 麻酔なんですよと言っておりました。

まかせて大丈夫と思います。

明日 手術が終わり 連れて帰って来て 麻酔がはっきり覚め 自力で動いたり 水飲んだりするまでが心配です。 

前回もかなり アフアフしてましたから。 あ~ 緊張するわぁ! なんで私が緊張するのかわかりませんが 体にメスをいれるというのは やっぱり ダメージ大きいですよね。 あんなに小さい体だし・・・。

でも がんばるぞー!

catblog471-070207.jpg


ミイちゃんは明日のことなど 夢にもわかるはずもなく・・・。 相変わらず ひょうきん おちゃめ いたづらミイですぅ。



皮膚病 心配なし ケイ
2007年02月07日 (水) | 編集 |
昨日 6日(火)にケイちゃんを再度 動物病院に連れて行きました。 朝一番は混んで 駐車場が満杯になるので (6車おけるとろこが満杯に。) 11時ごろの空く時間に出かけました。 ケイちゃんはお昼ねの熟睡モードでしたが 起こして連れていきました。

ケイちゃん2回目なので 車にも慣れて 車の中では 外を行き交う車や自転車をきょろきょろ見ておりました。 鳴きもしないし 車酔いもないし 本当にいい子でございます。

病院で

カビの培養結果はなし。カビではありませんでした。

かゆがらず 毛も生えてきたことから 回虫のようですとのこと。 もし回虫でなければ どんどん広がっていくからとこのことでした。 で 注射を週一で4回、お薬はもう1週間飲んで 終わりとなりました。

大事に至らなくて良かったです。

今度の土曜日 2月10日はミイの手術です。 なんか 緊張してきましたわ。

これは今朝のふたりの様子です。

catblog470-070207.jpg


相変わらず ミイは おちゃめというか いたづらというか・・・。



陽だまりの中の会話 ミイとケイ
2007年02月03日 (土) | 編集 |
隣組のあるおうちのご主人がなくなり 明日 あさってと用事ができまして (お通夜と告別式のお手伝いでございます。) 明日予定のブログをもうアップします。

外は寒いですが 南側の部屋は暖かく 掃除機をかけたすぐ後のことですが
ミイとケイの会話です。 (私にはそう聞こえました。)

catblog469-070204.jpg


そして ミイとケイは おねむになったとさ。


耳の後ろの毛が生えてきました ケイ
2007年02月03日 (土) | 編集 |
ケイちゃんの皮膚病の続報です。

2月6日(火) 1月30日(火)に病院に行って お薬をもらってきて 飲ませて4日経ちました。 今朝耳の裏の写真を撮りました。

catblog468-070203.jpg


だんだん毛が生えてきました。 良かったです。 注射とお薬で 皮膚病(現段階ではまだ理由がはっきりしませんが・・・)は少しづつ良くなってきていると思います。

お薬飲ませるのも 主人と日を重ねる事に上手になり やっと親らしくなってきたでしょうか・・・。

主人がケイちゃんを背後からお腹に手をまわして抑え 右手で猫の口の脇を強く抑えると あんぐりと口が開き 私が薬を喉の奥にポトンと落として 後はスプーンで水をすぐに流し込みます。 すると ゴクン!と飲み込みます。

ポイントはケイちゃんの頭を上方向に向かせることです。 主人がやってますけど。 これで すぐにゴクン!と飲みこんでくれます。

次回は2月23日(火) 2月6日(火)に病院に行きます。 又 記事にしますね。

*思いっきり 日にちが間違ってました。 訂正がてら すみません。





ミイの停留睾丸 再手術します
2007年02月02日 (金) | 編集 |
昨日ほど 「ブログやってて良かったぁ!」と思ったことはありません。 あの日のこと(ミイが去勢手術+停留睾丸の為避妊手術もどきのふたつをした日のことです。H18.05中旬です。)がしっかり書いてあって 読みかえして 記憶がはっきりしました。 そうじゃないと 1年前のことなんて忘れちゃうもんね。

ケイの皮膚病で 再再度の新しい動物病院に 行った時に ミイの停留睾丸のいきさつ、手術結果、その後のミイの様子を話して 相談しました。

結果!

この院長先生 動物病院の先生をして20年、去勢、避妊手術は数千行い 停留睾丸も数百を執刀したとのこと。

何cm切りましたかと言われ 5cm弱ですと答えると 停留睾丸を捜す時は10cmは切りますねとの返事。

僕は今まで数百の停留睾丸の手術をしましたが 「捜して無かった」ということは1度もなかったですとのこと。 (ミイを手術した獣医は「捜したけどなかった」と言いました。 ちなみに次の先生はできるかどうかわからないといいました。 この技術の差よ! 獣医でも技術の差があることがよくわかりました。 はっきりと表には出ないですけどね。)

停留睾丸は50%の確立でガン化しますとのこと。

ということで ミイを来週の土に再度 停留睾丸の手術を この先生にしてもらうことに決めました。

あの やぶ医者! 技術が無かったのに できるふりして 手術して お金を取ったのだぁ! 無償に腹が立ちました! こんな倫理感の欠落している獣医もいると言う事を知っていて欲しいです。

catblog232-060513.jpg

この写真は去年5月の手術した翌日のもの。

catblog235-060513.jpg

傷跡のアップです。

あ、興奮して 頭が痛くなってきたぁ。 この辺でやめますぅ。 ミイの手術の話は又後で書きますね。


食いちぎり魔 再登場 ケイ
2007年02月01日 (木) | 編集 |
またしても 食いちぎり魔が出ましたぁ・・・。 はぁ~って感じ。

「今日はお天気がいいねぇ、気温があがるらしいよ。」と こたつの側でひなたぼっこしていたケイちゃんに 声をかけました。 そして 私はメールチェックし始めました。

しばらくすると ギィ! クゥ! ピリ! と変な音がしたので 何?と後ろを振り返ると・・・。 あ~あぁ、 破いちゃったじゃん! もう! ケイちゃんたらぁ!

catblog466-070201.jpg


続きもあります。 あ、静止の字が違ってるぅ、「制止」が正しいです。 よね?

catblog467-070201.jpg


何かにとりつかれているのかいな?という目つきでやっておりました。 ケイちゃん へびにでもとりつかれているの? 

大弱りのmamachanなのです。 どうやって補修しようかね・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。