ミイ・ケイ兄弟とふうちゃんにしぃちゃんが加わり、保護猫4匹は今日も元気!60平米のわが家で狭いながらも楽しく暮らしてまーす!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての留守番
2006年03月31日 (金) | 編集 |
実はキリンビールで温泉1泊2日宿泊ペアチケットが当った。 それでその有効期限が今日なので行く事にした。

ミイとケイには初めての留守番。 ペットホテルに預けようとはちっとも思わず なんか聞くところによると 叔母のところで買っていた猫は預けた後は必ず半狂乱のようになって落ち着くまで2‐3日掛かったとか。 なので ペットホテルに預けるのは完全に問題外。

そこで姪に頼むことにした。 姪は小学校5年生。 春休みがスタートした時から泊りがけで遊びに来ていた。 姪は猫が大好きでよく面倒をみてくれる。 2匹も姪のふとんにもぐりこんで寝るほど。

何を食べて どの順番で どのように食べさせるか教えた。
トイレの掃除も教えた。
寝る時のこまったくセも教えた。

ということで姪よ、よろしくお願いします。
ミイちゃん、ケイちゃん おりこうさんにしてるんですよ。


当ったペアチケットとカタログ。
catblog110-060331.jpg


我が家の「猫大明神様」 ありがたやー ありがたやー ポンポン!
catblog109-060331.jpg




スポンサーサイト
圧力鍋がシュッシュッシュッ!
2006年03月30日 (木) | 編集 |
今日はスーパーで魚の「あじ」が安かったので いっぱい買ってきて 圧力鍋で煮ることにした。

白だしでしょうがを入れ 圧力「高」にして20分煮ると 骨まで食べられちゃうおいしい「あじスープ」のできあがり。

まあ それはいいとして ふたりがテーブルの下で遊んでいる時に 圧力鍋のおもりが振れだし すごい音 「シュッ、シュッ、シュッ!」と始まった。

2匹は興味津々。 目玉を真ん丸くして 見ていました。 きっと触って確認したいのだろうけど 私がさえぎっていたので とうまきに見ていた。

最後は2匹で冷蔵庫の上に上り (すると全景が上から見えるから) またもや 目をパチクリさせて みていた。

我が家の圧力鍋。 重宝しますよ~。
catblog108-060330.jpg


ミイ 「あれは何だ?!」
ケイ 「何か 動いてるぞ!」
怖いわけではないだろうが 冷蔵庫の上で 2匹片寄せあい会話中。
catblog107-060330.jpg



主人の作ってくれた 人生最高傑作
2006年03月29日 (水) | 編集 |
ある土曜日 いつもは遅くまで寝ている主人が 朝から2階で何かをしていた。 私は3階から 「何してんのー?」とたずねると 「う~ん。」と言って返事があいまい。 何してんだろうと思ったが とりたてて興味もなく 3階で2匹と遊んでいた。

昼頃、何かを持って戻ってきた。 それはダンボールでできた板の様なもの。

私 「何それ?」
主人 「すっごく、いいもの!」

と言いながら おもむろにシンクに乗っけた。 それはシンクをふさぐ板だった。

ああ、主人は私が言っていたことを覚えていて作ってくれたんだ。 それも秘密裡に。 私は主人に作ってもらった日曜大工の作品の中で 人生最大の傑作だと思った。 それがこのシンクをふさぐダンボールの板。

ミイは小さい頃から水好きで 洗い物をする時は必ず飛んできて 水道の蛇口から流れ出る水をいたずらしたがった。

私が主人に 「今は暖かいからいいけど だんだん寒くなると風邪でもひいたら大変だよね。」 主人はその言葉を覚えていて この板を作ってくれたのだった。

もう作って満5ヶ月は経つ。 ちっとボロボロだが これが全景。
catblog103-060329.jpg


縦横の寸法を測り 水道蛇口にぴったりにカットしてあった。
catblog104-060329.jpg


主人いわく 「ここのカットがいいんだよぉ~。」
catblog105-060329.jpg


主人 「これを左にはめると ミイとケイが動かそうとしても 縦にも横にも動かないんだぁ!」
catblog106-060329.jpg


このダンボールの板には続きがあるのが それはまた いつかの機会に。


猫缶に異物が入ってたぁ~
2006年03月28日 (火) | 編集 |
夕べの話 ミイとケイは さんざんおにこっごをして さあ本日も寝ましょうかという時 おなかがすいたらしく 「ニャーニャー(ご飯、ご飯)!」と催促。 とうことで猫缶をひとつ空けて 1/2づつ食べさせることにした。

猫缶のふたを開け お皿に出した。 そしたら 約3cmくらいの魚の骨らしきものがぴろりと出てきた。 私はこりゃ危ないと思って 指先でちぎって小さくしようとした。 が、かなり硬くて 私の最大の力でやっとちぎれた。

ああ、気づいてよかったと思った。 そうじゃないと あの2匹腹ペコにかまけて ガブガブ食べて喉にささっちゃう! 

今朝 さっそく 缶の裏に書いてある「お客様相談室」に電話した。 「そのような骨が入ることは製造のスペックにない 現物をピックアップしたいので郵便物を送りますので 同封の封筒に入れて返送してください。」 とのことだった。 

この後どうなるか 又書きます。

問題の骨。
catblog100-060328.jpg


今朝 骨の写真を撮っている傍らで ミイちゃん お昼ね。
おちゃめなやつだなぁと ついでに撮りました。 親ばかですみません。
catblog101-060328.jpg


コタツの中で寝ていたが 熱くなりこたつより 頭をだしたところ。
catblog102-060328.jpg



我が家に出る亡霊
2006年03月27日 (月) | 編集 |
我が家では これを「亡霊」と呼んでいる。 「亡霊」は鍋の日や 焼肉の日に出る。

うちの2匹がテーブルの上にあがって 危ないので いつも鍋やホットプレート使いの焼肉の日は 台所の隣の部屋に隔離しておく。

私達が食べだす頃には 2匹にもたっぷり夕ご飯を食べさせて あとはゆっくり昼ね状態にして 隣の部屋で寝ているすきに 私達人間が食べる様にしているのだが それが 成功する時としない時がある。

写真は夕べ。 全くの失敗。 実は姪が春休みなので遊びに来ていた。 そのせいか 興奮して 寝ない為 「亡霊」発生。

この亡霊、ケイしかやらない。 ミイは全くしない。 これもケイの得意技。

最初はガラスのとびら越しに座り 「ニャオーン ニャオーン(開けて、開けて)」と鳴きだす。
catblog97-060327.jpg


いくらか鳴いて それでも空けない時は だんだんとガラスに近づいてくる。
「ニャ~ン ニャ~ン(ど~して 空けないの~?)」とオカルト調。
catblog98-060327.jpg


それでも空けないでいると もっとガラスに近づき 鳴くのをやめる。
ギャアアアアー! と私達はその恐怖に すぐに扉を開ける。
catblog99-060327.jpg


その後は2匹に危険がないように 気を使いながら食べるが 食べたのか食べないのか わからない状態となる。


もこみち系 ケイプリンス おねむの時間です
2006年03月26日 (日) | 編集 |
主人に「もこみち君」と いわしめるケイですが 寝る時も またカッコつける。 それを写真で説明。

私 「ケイちゃん、ねむいんですか? お昼ねですか?」
ケイ 「はい、そうです。」
catblog91-060326.jpg


ケイ 「おやすみなさい。」
catblog92-060326.jpg


ケイ 「zzz.....」
catblog93-060326.jpg


ケイ 「ZZZZZ・・・・」
catblog94-060326.jpg


ケイ 「何かご用ですか? mamachan あなた パパラッチ?」
私 「あ、おねむの邪魔してすみません、もうカメラのシャッターは押しません。」
catblog95-060326.jpg


その頃、ミイは座椅子の上で フーガ、フーガ・・・ZZZZ・・・・・。
catblog96-060326.jpg



春のおおそうじ
2006年03月25日 (土) | 編集 |
私の変なくせは 「つっこみぐせ」。 出しっぱなしは見た目も汚いので とりあえず 引き出しや戸棚に入れる。 つまり なんでもかんでもつっこんでいる。 だから 今度は引出しや戸棚が汚い。 本当の問題の解決にはなっていない。

ということで 春と秋の年に2回約1週間ほどかけて すべての引き出し、戸棚をかたずけている。

昨日は台所の食器棚。 いろんなものがつっこんであるなー! 今更ながら感心。 感心ではなく 反省だぁ。 

そこへ来たのがミイ。 ミイは好奇心旺盛のお手伝い大好きだから さっそくやってきた。 

ミイ 「ふーん、中はこんな風に なってるんだねー」
catblog88-060325.jpg


ミイ 「お、あれは何だ? 見たことないなー」
catblog86-060325.jpg


ミイ 「あ、輪ゴムの おばけだぁ」
catblog87-060325.jpg


ミイ 「ふ、 これは何だ?」 
catblog89-060325.jpg


そこへ 先ほどまで遠くから見ていたケイもやってきた。
ケイ 「ミイ、 何してんの? 僕もあがろうかな。」
ミイ 「どうぞ、 でも 僕が終わってからにしてね。」
catblog90-060325.jpg





猫の歯は人間と同じ
2006年03月24日 (金) | 編集 |
これも 猫知識ゼロの私達が 本当にびっくりした話。

ミイが4ヶ月頃か5ヶ月頃 まだ体も小さかった時 主人が自分のイスに奥深く座り 足を開くと そこに小さな三角形が作られ その部分にミイが座り 主人と 向かい合って 遊ぶ。

主人は ミイの耳をひっぱたり 頬をひっぱたリ 頭をなでたり。
ミイは 主人の指をなめたり かじったり。

そんな風にしていたある日のこと 主人が 「あ、何か変だ。あ、何だ? これ?」
それは赤い小さいゴミのようなもの。 ミイの口の中が血で赤くなっていた。

私は青ざめ、「どうしたの? 何をしたのぉ! ミイに!」と 主人をきつい語調で問いただした。

主人「ミイが僕の指を噛んだら、何か出てきた・・・。」
主人はそれを水道の水で洗い よーく見てみると 歯。

私「なんで 歯が折れるのよぉ? 病気かしら? まさか ガンじゃないよね。」
主人「白血病だろうか? 猫の白血病は歯がおれるのか?」

ふたりとも顔面蒼白。動物病院に電話しようか 動物病院に連れていこうか どうしようかと あたふた。

私 あわててパソコンを立ち上げ 検索窓に 「猫 歯」と入れ 病名をつきとめようと必死。

すると・・・。 ある一つのブログに書いてあった。

「猫は人間と同じように乳歯が大人の歯に生え変わり 乳歯が時々発見される。たいがいは本人が食べてしまうのだ。」と。

あー、そうなんだぁ! あれは乳歯だったんだぁ。 ガンじゃ なかったんだぁ。

発見されるのは珍しいらしいので 主人が喜んで 記念に取っておいてある。
catblog85-060324.jpg


高性能のデジカメではないので これがせいいっぱい。 主人いわく 次の日 「何か小さい歯が出てるみたいだ。 生えるのは 早いな。」
catblog84-060324.jpg



猫の歯って ご存知?
2006年03月23日 (木) | 編集 |
私と主人は猫の歯は全部とがっていると思っていた。 牙のような歯がずっと並んでいると思っていた。 だって、猫のマンガにそう描いてあったから。

ところが、ある日 主人が「アハハ! 猫の前歯って こんなになってるー!」と大発見したように 大声をはりあげた。

私「えっ! 前歯? 前歯は牙でしょ?」
主人「違うよ 僕もそう思っていたけど 赤ちゃんの歯みたいなのが並んでるぞ!」
私「どれ?どれ?」
主人「ほらー なあ そうだろう!」

本当にそうだった。 みなさん ご存知でした? 

主人「これって だんだん 牙になるのかな?」
私「わからないねー ミイとケイが大人になったら 事実がわかるね・・・。」

ということで ケイがお昼ねしようとしていた時に撮影した。
ケイはアゴのブラッシングをとても気持ちよく思っているので 私が口の周りを触っても全く嫌がらない。されるまんまになっている。

猫の前歯。 これは永久歯と思われる。 だから前歯は牙ではなく 赤ちゃんのような小さな歯。 
catblog81-060323.jpg


これが私達が猫の特長としてとらえている歯。 人間で言えば「犬歯」だよね。
猫は犬歯じゃなく 猫歯というのかな? ・・・・・?
catblog82-060323.jpg


ケイちゃん、お昼ねしようとしてたんだよね。
ごめんごめん、ゆっくり寝てね。
catblog83-060323.jpg


明日はミイの歯について書きたい。 これにも かなりびっくりしたのだ!



ケイの変なくせ
2006年03月22日 (水) | 編集 |
先日はミイの変なクセを紹介したが 今日はケイ。

ケイは布や毛布、スポンジ系にかみつき ぐいぐい 引っ張るのが好きみたいだ。 

ある日、ソファカバーのキルティングを洗い、そのかわりに古毛布をかけたら 気にくわなかったのか すごい勢いでかみつき ぐいぐい剥がそうとしていた。

又ある日、南西の部屋に干した綿の敷き布団シーツが なぜか北東の玄関に落ちていた。 思わず 「えー! どうしてここにあるのー!?」 物干しにぶらさがっているシーツの端にかみつき 引っ張り降ろしたものと思われる。よく観察してみるとシーツのはじっこに猫の歯型。ケイにちがいない。

ダイニングのイスの端っこも かたっぱしからかじり 穴だらけにした犯人はもうわかっているんだぞ! ケイ! 早朝 まだ私達が寝ている間にやるものだから 現行犯逮捕ができないでいる。

今朝もシンクをふさぐ 主人お手製のダンボールの板のちょっと切れていた部分にかみつき ビリーと剥ぎ取っていた。
catblog78-060322.jpg


やられたイスの傷はこんな風。 何がおもしろくてかじるのか?
ほっておくと中のスポンジが出てくるほどかじり続けるようだ。
catblog79-060322.jpg


主人が2度と食いちぎらないように ちょっと固めのガムテープで修理をした。
我が家のイスは全滅。
catblog80-060322.jpg



WBCを見るぞー
2006年03月21日 (火) | 編集 |
今日はWBCの決勝で 我が家の人間は観戦で 2匹はその傍らでお昼ねの予定となった。

掃除機をかけ、こたつの準備をしている際中に 洗濯機のピロリロリンがなり 洗濯干しに。

戻ってくると 「そうだった 天板置いてなかった。」
ミイが 丁度いい穴に座り込み 今から お昼ねに突入かと思われた。
catblog75-060321.jpg


「がぶ がぶ」 こたつのふとんにかみつき始めた。寝入りばな むずがったのか。
そうこうしているうちに、だんだん 穴に中に入っていった模様。
catblog76-060321.jpg


ついには 穴にすっぽりと 収まってしまった。 昼寝どころじゃなくなった。
本当に 要領が いまいちな ミイなのである。
catblog77-060321.jpg


その頃 ケイは 窓際の一番暖かい猫ラックの上で すでに熟睡中。
catblog74-060321.jpg




ケイはケイキが好き
2006年03月20日 (月) | 編集 |
実は3月14日は私の誕生日で 妹家族が 浦安にできた日本一大きいスパに誘ってくれて遊んできた。

個室をとり 夕ご飯を食べ カラオケをいっぱい唄ってきた。あー、気分よかったぁ!カラオケは点数が出るもので 私の最高得点が68点だった。このマシーンは辛いなぁ・・・。

姪が私のためにケーキを焼いてくれたのだが、ケーキが最初はふくらんでいたらしいのだが、冷めるに従い しぼんだもよう。これは泡立てが少なかったと思われる。でも、せっかくだからもらって帰ってきた。おやつに食べようと思って。

私が1ピース切って食べていたら ケイがやってきた。
ケイは臭いをかいで 「おー、うまそう」と思ったらしい。
catblog72-060320.jpg


いきなり、かぶりついた。もぐもぐ、はぐはぐ、むしゃむしゃ。
catblog71-060320.jpg


ケイの食べた跡。ケイはケイキが好きだった。
姪よ、ありがとう。ケイが喜んだよ。
catblog73-060320.jpg



水の正体をつきとめるぞ!
2006年03月19日 (日) | 編集 |
またもやミイの話。 ミイは好奇心旺盛で 私達が何かをし始めると 必ずその場に来て一緒の輪に入ろうとする。 

先日主人がテレビの調子が悪いので テレビの裏側を開けてみていると そこにミイがやってきて 一緒にブラウン管あたりに手を伸ばし チェックしている模様。

又別の日、掃除機の中の袋を変えようと掃除機を開けると そこにミイがやってきて 掃除機の中に首をつっこみ きょろきょろ見ている模様。

又又別の日、台所の下の鍋やらざるやらを整理整頓しようと 床に座り込んで片付けていると ミイがやってきて その台所の下に入り 探索している模様。

と、まあ、こんな感じ。ケイはいつも遠巻きに見ているだけ。

その好奇心旺盛なミイには不思議なことがある。私ではなくミイが不思議に思っていること。
それは、水。水道からでる水。

ミイには物体に思えるらしく いつも手で捕まえようとする。 食器の洗いおけに水がたまっていると 前足や後ろ足が濡れるにもかかわらず ずぼずぼと入り びしょびしょになりながら パチャパチャして確認しようとしている。
これって何なんだ?というように。

水道蛇口から流れ出る水に猫パンチをしてみたり 口をつけてみたり。

今は寒いのですぐに止めさせている。濡れて風邪でもひいたら大変なので。
夏になったら思う存分 水で遊んでいいからね、ミイちゃん。それまでちょっと待っててね。



洗い物が終わり 隔離していた部屋から飛んできたところ。
水の音がしたけど、どうした、どうした という感じ。
catblog68-060319.jpg


絶対に水の音がしたのに、水の姿がない 変だなぁという感じ。
catblog69-060319.jpg


ねえ、水がいたでしょう? 水の音がしたんだよ、水がいたでしょ?
どこにいったの? どこかに行ってしまった? といった感じ。
catblog70-060319.jpg




ミイの去勢手術
2006年03月18日 (土) | 編集 |
これもミイに関しての心配ごと。

元ママに「悲しい子猫を増やさない為にも避妊手術はしてね」と言われていた。
私もそうだと思うので同意した。その時はそんなに深く考えていなかった。

我が家に来て2週間後 ワクチン接種の為に動物病院に行って発覚したことなのだが、先生が「睾丸が1個降りてきてないねぇ。残すとガンになる可能性があるんだよなぁ。」

私「こうがん? ガン?」
先生「ふつう2つあるんだけど、この子はひとつだけだねぇ。ケイちゃんは普通に2つあるんだけどねぇ。」
私「ああ、そうなんですか?」
先生「まだまだ小さいので去勢には時間があるから様子をみましょう。」

私はこの間、「ミイの睾丸、降りてきて降りてきて」とずっと思っていた。
「ガンになんかなってもらいたくないもの、睾丸、お願いだから降りてきて。」

今年の1月ミイの足で動物病院に行った時の先生の言葉。
「降りてきてないね。手術は飼い主さんの希望でしますが、ひとつはそのままおなかの中に残す方法、もうひとつはおなかの中を捜して 外と中の2つの睾丸を取り出す方法。残すと後でそれが大きくなったり 腫瘍化したりしますね。問題ない場合もありますが。」

中にある睾丸はオスの去勢手術ではなくメスの避妊手術のような手術方法になるとのこと。 お金の問題ではないのでミイの手術は外と中の睾丸を取ってもらうことにしている。

ミイは車酔いが激しく 車にのって 100m走らないうちに 吐く。 吐く物がなくなると 泡を吐く。 おそらく胃液だと思うのだが。 動物病院に連れて行くだけでも 気の毒このうえないのに この手術。

ミイ、大丈夫だろうか? 乗り切れるだろうか?

失礼して睾丸を撮らせてもらいましたが、ひとつだけ。
ケイは外から見ても2つあるのに。
catblog66-060317.jpg


本人はそんな事が近日起こるとも知らず、ぐっすりお昼ね。
catblog67-060317.jpg



ミイの怪我 
2006年03月17日 (金) | 編集 |
私にはミイにいくら謝っても謝りきれないことがある。それは私のほんの不注意でなったことで 今でもそれを思うと 本当にミイには申し訳ないことをしたと胸が苦しくなる。

あれは10月中旬のある日のことだった。いつもどおりに台所のテーブルの下を掃除しようとテーブルの上にイスを4つ逆さにしてのせた。2匹はそんな時はいつも逆さになったイスの四角い部分にあがってお昼ねをした。

お昼ねから起きて2匹がいつも通りポーンと下に降りようとした。ケイは上手にできた。ところがミイが飛び降りようとふんばった時、その勢いでイスごと下におちてしまった。運悪くミイの右後ろ足の上にイスが落ちた。

ミイはギャ-とすごい声を張り上げ1Mくらい這って部屋の壁際まで動いた。私はそれを目撃していたので あわててミイを静かに抱き上げソファに寝かせた。ミイはソファの端に這って動き、私をじっとみつめた。

相当痛かったのだと思う。私が手を出そうとすると 触るなという感じで体が逃げようとした。

その日は動物病院は休日だったのだが 先生に電話で事情を話したら「すぐに連れてきて」と言ってくださり その通りにした。

レントゲンを撮り 骨折などはしていなくて 「ケージレストで直しましょう」となった。2週間くらいケージレストで ケージから外に出たりで直した。

途中診察に行った時 足が180度開くと先生に言ったら、「猫の骨盤の中にある軟骨が割れたね」といわれた。軟骨だからレントゲンには映らなかったのだろう。一番初めに診てもらった時には言われなかったことだ。

食欲も有り 便も普通に出て ケイとおいかけっこはできた。でも さんざん遊んだ後は 痛くなるらしく すぐに寝転んで休む。 又長い時間座る姿勢が辛いらしく すぐに寝転ぶ。

こんな状態ではあるが直ったと思っていた。ところが、

今年の1月上旬 ミイが足を引きずり びっこをひいて歩いていた。びっくりして1週間様子を見た。やっぱりびっこをひいている。そして お尻の周りの筋肉や後ろ足の筋肉が発達しないようでケイに比べるとかなり細かった。ケイに比べたらジャンプ力もなくて 私は愕然とした。

あわてて又動物病院に行き レントゲンを再度撮った。すると右足が納まるべきところにちゃんと収まっていないで ちょっとはずれているようになっていた。

先生いわく 日常生活に支障がないのであれば 手術をしても100%直るかどうかわからないので このままで生活してみたらどうですか?といわれた。先生の言う「日常生活に支障がなければ」の意味は ご飯が食べられ排便ができ生きていくことができるというレベルを言っている。つまり 正常の猫がジャンプしたり 普通に歩いたりというレベルを飼い主さんが望まないという意味だと私に話した。 

一番初めの処置はあれでよかったのだろうかとか びっこをひいていることに気づいたのが遅かったのではないかとか いろいろ考えた。私の不注意で 人間でいうところの「身体障害者」にさせてしまった。

手術しても100%直るかどうかわからないと言われたがどうなのだろうと思っている。もし 大学病院などで治せるのだったら直したいと考えている。

rentogensetumei.gif


ミイのその骨の部分は外から見るとこんな感じ。
わかりずらいと思うが少し飛び出しているのが毛がはえていてもわかる。
catblog65-060317.jpg



ケイは遊び好き
2006年03月16日 (木) | 編集 |
ケイは小さい頃から本当に活発で 遊び大好き猫である。今でもそうで いつも 「あそぼーよー、あそぼーよー」とにゃおーん、にゃおーんと催促に来る。

只今のケイの お気に入りの遊びは 「鈴との全速力おいかけっこ」。
部屋の隅に私が座りこんで 手のひらから鈴をはじく。 おはじきをはじくように。すると鈴は小さいのでポーン、コロコロと転がる。それを全速力でおいかけ捕まえるのだ。 2階の物置は広くて 走って7-8Mは全速力でかけぬけることができる。これを連続5回すると さすがに疲れて 床に寝そべる。
只今ケイは このワイルドな遊びが一番お気にいり。

これは生後3ヶ月頃の写真。鈴の音でもならそうものなら すぐに聞きつけ遊びたがる。
catblog62-060316.jpg


あのころは串団子のようなムカデに夢中だった。ミイと取り合い。
catblog63-060316.jpg


あまりたくさんおもちゃを買い与えなかった。 菓子パンを包んであるビニール袋をきれいに小さくたたんで 床に放おると2匹でとびかかり 遊んでいた。A4の紙の箱もおもちゃにしていた。 床がごみだらけのようだが、れっきとしたお手製のおもちゃたち。
catblog64-060316.jpg




カロリー計算
2006年03月15日 (水) | 編集 |
先日のカロリー計算。

どの缶詰が何カロリーあって、体重が4.4kgだから 何カロリー必要で 何缶食べる必要があって・・・・。これにドライをいれるとしたら えーとえーと・・・。

とても大変な計算だった。

我が家は基本的に朝昼晩の3回缶詰で、10時と3時のおやつはドライにしている。これ、元ママ方式。缶詰は副食用、総合栄養食と半々づつ。ドライは総合栄養食で尿結石予防のもの。

だから、日に2回だけの食事があることを知って 結構びっくりしたのだ。

そんな私の気苦労をそれを知ってか知らずか 2匹はとってものんき。

ケイ 「もうおやつの時間?」 ドライの臭いをかいでいます。
catblog60-060315.jpg


ミイ、久々の冷蔵庫の上をゲットして爆睡。
catblog61-060315.jpg


今日は風邪ぎみで早く寝ます。おやすみなさい。mamachanでした。



猫の兄弟は・・・。
2006年03月14日 (火) | 編集 |
我が家では「バトル」と言っている。そう、ミイとケイの兄弟げんかのこと。
私「ミイとケイは?」
主人「下でバトル。」とこんな感じ。

兄弟げんかが始まる時はほんのささいな感じが多く、じゃれついていたのが本気になり「バトル」、お気に入りの場所が取られそうになり「バトル」、片方だけ抱っこしたりするとやきもちを焼き「バトル」・・・。

2階から3階へ 台所から茶の間、寝室へ すごい勢いで走り回り 取っ組み合いとなる。写真に収めようと思っているが 早すぎて撮れない。

これは夕べのバトル。布団を敷いておいたら 2匹がふとんの上にあがり いきなり「バトル」開始。 この原因はわからない。
catblog57-060314.jpg


この「バトル」無言のバトル。猫は相手を威嚇して「しゃぁー」というらしいが我が家の2匹はその言葉を言ったことがないし 聞いたことも一度もない。言い方を知らないのだろうか・・・?
catblog58-060314.jpg


そう思っていると 昼間は仲良くお昼ね。久しぶりのシンクロナイズト睡眠グ。
catblog59-060314.jpg



ハンサムはどっち?
2006年03月13日 (月) | 編集 |
2匹とよく遊ぶ主人は ケイの獲物を狙う時や すくっと座っている姿を見る時は いつも言うことがある。

「ケイっていい男だよなぁ まるで もこみち君だよなぁ~。」(補足説明:もこみち君って 若手俳優さん ごくせんというTVドラマでブレークして 只今 車のTanto CUSTOMのCMに出ている男の子。)

「あの鋭い目 あのしなやかさ 人間だったら もこみち君級のいい男だよなぁ~。」

私が「ミイは誰? 誰に似てる?」

主人「ミイ? ミイの頭の後ろ 床屋から帰ってきたばかりの刈り上げみたいでおかしいよなぁ! アハハ! ガキ大将の刈り上げ頭だよなぁ。アハハ!」

主人のミイに対する評価とケイに対する評価は本当に違う。これは外見だけの話ではあるが。

主人が感心しきりのケイの獲物をみつめる目。
catblog54-060313.jpg


そして「もこみち君だ」と言わせるその姿。
catblog53-060313.jpg


これがその 「ガキ大将の刈り上げ頭」といわれる 後ろの模様
catblog55-060313.jpg


私は ミイの「猫の鋭さ」が無くて 半分人間みたいな所が大好きなのだ。
catblog56-060313.jpg




新しいおもちゃ
2006年03月12日 (日) | 編集 |
主人がどこからか何かをお土産に持って帰ってきた。持ってきた相手はもちろん我が家の2匹。「ほーら、くるくる回るんだよー!」と 2匹の前でおもちゃを床に放った。それは独楽のようなものだった。

2匹は生まれてはじめて見る独楽に それぞれの反応を示す。

ミイ。「なんだー、これ、動いてる、変なの」と平気で猫パンチをくらわせようとする。
catblog48-060312.jpg


ミイ。「くるくるまわってるだけじゃん。つまんないなー。」
catblog50-060312.jpg


ケイ。「何?これは何なの?」いぶかしげにしげしげ観察。
catblog49-060312.jpg


その時、独楽がケイにむかって動き出す。ケイはびっくりしてソファの影にかくれた。
「なんだー!びっくりしたぁ!」
catblog51-060312.jpg


用心深いケイ。「いったい何なの?これは。」まだ気を許さない。
catblog52-060312.jpg


能天気な主人は「ケイちゃん 怖くないよ~ 大丈夫だよ~」としつこくケイの前で独楽をまわしていた。

猫オリンピックに出たら 金メダル
2006年03月11日 (土) | 編集 |
写真は3ヶ月か4ヶ月頃。遊び盛りの頃。

主人が重度の花粉症で我が家はふとんや洗濯物は家の中に干している。
その干している布団やマットレスにするするとよじ登る2匹。

私はびっくり! こんな小さい子猫が自分の身長の8,9倍もあろうかという高いところに前足だけの力で 登っていくのだから!
最後 極めつけはてっぺんをひょろひょろと歩く!怖くないのもさることながら バランスがいいー!
降りる時も 登った時と同じように するする降りてくる。お猿のよう。

ああ、猫のオリンピックがこの世にあったら 我が家の猫はきっと金メダルだろう。
金メダリストが2匹。

この遊びは 2匹の中でブームだったらしく この頃しょっちゅうやっていた。
20-30cmジャンプし マットにしがみつきするする登る。
catblog45-060311.jpg


てっぺんに上ると 得意げにひょろひょろ歩きだす。
catblog44-060311.jpg


これを5‐6回もすると疲れて そのあとはぐっすりお昼ねになる
catblog47-060311.jpg


このお猿と寝てるからお猿のようにできるのか?
catblog46-060311.jpg




寝ている時 むずがる
2006年03月10日 (金) | 編集 |
生後2ヶ月から我が家にきたミイとケイを観察していて 「何をしてるのー?」ととても不思議に思うことがあった。

それは昼ねしていて目がさめた時 もう1匹の首に噛み付くこと。噛み付いてそして又寝てしまう。2匹とも同じことをする。今でもする。

「これは何なのだろう?」とずっと不思議に思っていて ある時ネットでその答えをみつけた。

人間の赤ちゃんが寝入りばなや目が覚めた時にむずがって泣くのをご存知だろうか?どうもあれらしい。 むずがって側にいる猫の首を噛むのらしい。
だから 噛む行為をしているうちはまだ子供だということか。

いつも 2匹ともが寝ている最中は 仲良く寝ている。
catblog43-060310.jpg


目の覚めたミイがケイの首に噛み付いている。ケイは噛み付かれても眠り続けている。
catblog42-060310.jpg


今度はケイ 目が覚め ミイに噛み付いている。ミイは寝ている状態。
catblog41-060310.jpg



冷蔵庫の上 争奪合戦
2006年03月09日 (木) | 編集 |
ここ1ヶ月のこと。それ以前はしなかった。それは朝ごはんの後に冷蔵庫の上に乗って寝ること。

その場所は2匹が寄り添えば 寝られるスペースなのだが どっちかが先にその場所にいくと 残りは悔しがった風に下でニャーニャー鳴く。 

最近はケイがほぼ毎日ゲット。ミイはイスに座りながらケイを睨み ニャーニャーと鳴いている。 かわいそうだから抱っこしてテーブルの周りを5周くらい廻ると満足してか 鳴きやむ。

この2匹はオス同士の兄弟猫で 某雑誌によると ライバル同士な関係になるのらしい。人間の兄弟、姉妹も一緒で 同じ物 同じことをしないと気がすまないものだ。 猫も人間もみな同じということか。

私の観察では ミイは甘えんぼ わがまま 自由奔放 好奇心旺盛 人間大好きなお兄さんで ケイは弟っぽい。 利口 用心深い 臆病 一番好きな人はミイ。  

いつもはなかよく一緒にいるが・・・
catblog38-060309.jpg


朝ご飯の後だけ 必ず 冷蔵庫の上 争奪になる。今日の勝者はケイ。
catblog39-060309.jpg


ちょっと前まではミイだった。
catblog40-060309.jpg




猫は花好き?
2006年03月08日 (水) | 編集 |
今日は春らしい日で 本当に気持ちがいい。 確定申告も無事に発送できたので なおさら。

去年の晩秋にプランターに植えたガーデンシクラメンとビオラは 霜害にあわないように2階の窓ぎわにおいた。天気の良い日は窓辺はとても暖かく 2匹のお気に入りの場所。

誰ですかー? ビオラを踏みつけたのは?
catblog34-060308.jpg


おもいっきり和む2匹。その1
catblog36-060308.jpg


おもいっきり和む2匹。その2
catblog35-060308.jpg


何してるの? 盗撮?
catblog37-060308.jpg



猫の手
2006年03月07日 (火) | 編集 |
昨日中に確定申告を終わらせたかったのにできなかった・・・。

1年分をたった1日で仕訳伝票に始まり 財務ソフトに入力 決算書と申告書を作ろうというのが無謀であるとは思うが・・・。今日も一日かかりそう。

ああ こんな時 手伝ってくれる誰かがいたら・・・。
手伝ってくれそうな君達は夢の中・・・。 猫になりたい。 

大伸びしながら爆睡中。伸びをしているのではなく この状態で寝ている。きっと イナバウアーをしている夢をみているのかも。
catblog32-060307.jpg


ああ お手伝い大好きなミイちゃんも 夢の中。何の夢? 猫男のまね?
catblog33-060307.jpg





ヒヤリとした瞬間 ハクション大魔王とキムチ鍋
2006年03月05日 (日) | 編集 |
我が家で起きたアクシデント。

第1回目:ハクション大魔王事件
去年の11月頃 だから生後4ヶ月か5ヶ月頃 主人が夜 フライパンで何かを焼いていた。 私は仕事があって自分の仕事部屋でPCに向かっていた。突然、初めて聞いた主人の悲鳴。ギャアアアー!私はびっくりして台所に飛んだ。すると右脇にミイを片手でかかえた主人が私の方に茫然と立っていた。

「どうしたの?!」「ミイが フライパンに飛び込んできた!とっさに右手で捕まえた!」「ミイ!大丈夫?!」ミイを床に降ろした。ミイは何が起きたのだろうという感じにきょとんとしていた。私たちの目に映ったのは ミイの眉毛がハクション大魔王のひげのように 先っぽがくるくるカールになっていた。他にはやけども何もしていなかった。

まだまだ小さくてジャンプもできないだろうと思っていたら いつのまにか台所のガスコンロの高さまでジャンプができるようになっていた。本当に肝を冷した。目に焼けどでもしていたら 失明したのではないだろうかと思うと今でもぞっとする。

ハクション大魔王の眉毛は1ヶ月ほどで 生え変わったのか 先が切れたのか 消えてなくなった。あれ依頼 火を使う料理をしている時は 台所には入れないようにしている。

写真がないのでこんな感じ。
catblog30-060305.jpg



第2回目:キムチ鍋事件
だんだん寒くなると鍋がおいしい季節。我が家も主人も私も最後のおじやがしたくてしょっちゅう鍋をする。その時はキムチ鍋だった。電気鍋に即席キムチ鍋スープをはってスイッチをいれた。その時も私は仕事で自室にいた。またもや主人の悲鳴。グゥワアアー!再び私は台所に飛んだ!そこで目にしたものは、テーブルの上で自分の前足の先をぺろぺろ舐めているミイ。主人は鍋のふたを抑えていた。「どうしたの?」「ミイが鍋のふたを鼻でおしやって前足をつっこんだ!」「鍋、熱かったの?やけどしてない?」「今スイッチをいれたばっかりだから まだ大丈夫だと思う。」ミイはこちらの気もしらずに ペロペロペロと舐めるのに夢中。

電気鍋だし ガラス製の重いふただし と気をゆるした私達が悪い。ジャンプ力だけでなく 「鼻力」もついているようだ。 鍋のスープが沸騰していたらと思うと本当に怖い・・・。それ以来 鍋の時も食事が終わるまで2匹を台所にいれないことにした。鍋にダイブでもされたら大変なことになる・・・。

鍋が終わって 鍋の本体が冷えるまで テーブルの上においておくと あったかいとわかってか すぐにもぐりこみ 寝入ってしまう。

あったかくて気持ちいいんだろう。 2匹の取り合いで今日はケイの勝利。
catblog31-060305.jpg


又別の日。今日はミイの勝利。
catblog29-060305.jpg





ミイの変なくせ
2006年03月04日 (土) | 編集 |
体が大きくなり ジャンプして高いところに上れるようになったら 始まったミイの変なくせ。これのせいで毎晩寝るまでに1時間はかかる。本当に手を焼いてしまう。

ミイとケイの最終夕ごはんが終わるのがだいたい午後10時ごろ。
その後 必ずミイはある場所へ行く。

その場所とはここ。レンジラックのいちばん上に置いてある小さい箱。
この箱の中には町指定のゴミ袋がたたんでしまってある。
catblog25-060304.jpg


こんな小さい箱によくはいるなーと感心するほど。だんだん丸くなってどんどん箱に入る。
catblog26-060304.jpg


「もう寝るから 箱から出て 下においで-」といってもいつも完全無視。
従って無理やり私が箱ごとイスに降ろす。
catblog27-060304.jpg


それでも箱からでようとしないのでそのまま寝床へ運ぶ。
それでもこの箱から出ようとしない。
catblog28-060304.jpg


箱から無理に出すと すぐに箱にはいり 又出すと 又入る。この延々繰り返しになるので 本人が自主的に出るまで根気強く待っている。
最終的に箱から出て 寝床に寝転がるまでにいつも毎晩1時間。

こんな狭苦しい箱にいるより のびのびできる ふとんの上のほうがはるかにいいだろうと思うが ミイにとってはそうではないのだろうか?

本当のところを教えて ミイちゃん。 mamachanの切なるお願い。



ぼくたち モデルになったよ
2006年03月03日 (金) | 編集 |
私は趣味でネットショップを運営している。2月22日は猫の日だったので猫の首輪を販売した。

その時 我が家のプリンスにモデルになってもらった。
が、しかし・・・・。首輪をいやがるー!

私はどの猫も素直に首輪をするのかと勝手に思い込んでいた。だって、犬はみんなしているから、猫もそうなのかと。それにホームセンターでも たくさんのかわいい猫の首輪を売っているから。

というわけで 昼ねの寝入りばなに首輪をつけて撮影しようと思った。眠くてこちらのいうとおりになるかと思ったが さすがにいやなものはいやらしく 抵抗されてしまった。

私はあきらめて眠ったあとにそーっと置いて撮影をした。やっぱり雑誌のようにうまくは撮影できない。動物の撮影って難しいとは本当だ。身をもって実感。

なんだ~?これ?ミイは眠くてそれどころではない。
catblog20-060303.jpg


ちょっとごめんなさいねと ぽーんとのせて撮影。
catblog21-060303.jpg


ミイよりはるかに用心深いケイは何?何?何?
catblog22-060303.jpg


変なことするとかじっちゃうぞー! だめだめ 売り物だから!
catblog23-060303.jpg



鈴出して~
2006年03月02日 (木) | 編集 |
動物大嫌いだった主人の変わりようは本当に唖然とするほどだった。とっておきは「挨拶」。

朝起きると「ミイちゃん、ケイちゃん おはよー!」
仕事に行く時は「ミイちゃん、ケイちゃん 行って来るからねー!」
帰ってくるなり「ミイちゃん、ケイちゃん ただいまー!」

2匹は挨拶に挨拶を返したり 無視したり 反応はいろいろ。それにも主人はおかまいなしで 軽快で上機嫌な挨拶をなげかける。

夕べのこと。私達が食事をしているテーブルの下で2匹は大好きな鈴で遊んでいた。この鈴は小さくて2匹にとっては「問題の鈴」。

その問題とはころがして遊んでいるうちに冷蔵庫の下に入っちゃうのだぁ!
一度目はケイ、次にミイ、又ミイ、そしてケイ。延々と鈴遊びにあきるまで冷蔵庫の下に入りまくる。

そんな時はいつも主人が孫の手でとってあげる。
「あらー 入っちゃったのー? 取ってあげるねー!」

ケイが「ニャオーン!(入ったよー)」と助けを求める。
catblog10


主人が床に寝転がり 孫の手で冷蔵庫の下を捜索。
catblog11


ああ、出た出た。よかった。これがその鈴。
catblog12


今度はミイ。「ニャオーン!(又だよー)」と助けを求める。
catblog13


「どれどれ 大丈夫だよ。取ってあげるよ。」主人。
catblog14






土日のお楽しみ
2006年03月02日 (木) | 編集 |
土日休みの主人はテレビっ子。朝から晩まで お気に入りのソファに寝っころがって ずーっとテレビを見ている。 テレビを見たり 居眠りしたり。(ちなみに私はほとんどテレビを見ない。)

そこへ天使たちも仲間入り。

主人がソファに寝っころがるやいなや 2匹も主人の上に乗り 陣取り合戦。そして 落ち着くところに落ち着くと お昼ねのはじまりはじまり。 (写真は生後3ヶ月頃、我が家に来て1ヶ月たった頃。)

ほとんど 3者 爆睡状態。
catblog17-060302.jpg


ケイは主人の脇の下あたりがお気に入り。なぜ?臭いが好き?
catblog18-060302.jpg


ミイは主人のおなかあたりがお気に入り。なぜ?ぶよぶよだから?
catblog19-060302.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。